MMCXイヤホン用のリケーブルを自作する時のこだわりポイント

久しぶりに作りました。mmcxイヤホン用(SHURE se215)のリケーブル。前回作ったこちらのリケーブルを見て気にってくれた友人が「自分用にも!」ってことで作ることになりました。別にse215用って言う訳ではないんですが、使う人がse215ユーザーだと言うことなので。

 

どろぱち

純銀より線で、mmcxプラグのイヤホンリケーブルを作成しました。見た目も良く、安価で作れました。…

 

前回は純銀線で作りましたが、今回は予算の関係上銅線を使いました。スペックは下記の通り。

mmcxプラグ・・・オヤイデ電機

銀メッキOFC銅線・・・オヤイデ電機

NEUTRIK L型ステレオミニプラグ・・・eイヤホン

保護スリーブ(ガラス編み組みチューブ)・・・モノタロウ

その他こまごましたもの(分岐パーツ、熱収縮チューブ、音響用ハンダ、などなど)も合わせて、ほとんど秋葉原で揃いますが、ガラス保護スリーブだけは今回もモノタロウで買いました。

かかった金額は全部で4000円程。個人的にはリーズナブルで価格的に本体とイヤホンのバランスが良いと思います。本体が10000円ほどのse215に10000円以上のリケーブルってバランス悪くないですか?だったらリケーブルするよりも本体を買い替えた方が音質も変わって楽しめますしね。

作り方などについては前回と大体同じなので、今回はこだわりポイントや便利アイテムなどを紹介します。

 

ad

こだわりの耳掛け部分

ワイヤー入りがあんまり好きじゃないので、熱収縮チューブでクセをつけています。

クセの付け方としては、線材を手で丸く輪っかを作っておいて、エンボスヒーターでチューブを収縮させながらクセをつけていきます。角度が気に入らなければ、温め直すことで再度整形ができるのも良いポイントです。

 

熱収縮チューブは3種類

透明のチューブなのでわかりにくいかとは思いますが、ネジネジしているケーブル全体をオーム電機の熱収縮チューブ(下記参照)で覆って、耳掛け部分にスミチューブ2.0mmで癖をつけて、プラグとの結合部はBondicで固めた上からさらにスミチューブ3.0mmで補強しています。

 

 

このオーム電機の熱収縮チューブですが、それはそれは線材が通しにくくて。。。仕上がりは綺麗でオススメなんですけどね。今回も苦労しました(・_・;

 

ad

 

ヒートガンじゃなくてエンボスヒーター

熱収縮チューブの収縮にはエンボスヒーターを使いました。ライターやドライヤーでもできないことはないですが。。。

エンボスヒーターを使う(お勧めする)理由は、

・程よい熱風で収縮させ具合を調整しやすい → 仕上がりが綺麗

・ヒートガンよりコンパクトで軽い。

・片手でも使えるし、スタンドがついているので両手でも使える

などです。

ライターだったら100円だし、ドライヤーだったら家にあるしで、それを考えたら高いと思うかもしれません。でも一台あると便利です。そもそもはレジンの気泡抜きに使うものですけどね。

 

1000円ほどで売っている海外メーカーのエンボスヒーターは、コンセント形状がそのままでは日本で使えませんので、くれぐれも注意してください!コンセントプラグを削って加工したり、または変換プラグが必要になります!

 

ガラス編み組みチューブ

お気に入りの白いガラス編み組みチューブ。柔らかくてクセがつきにくくて取り回しも良好です。少しタッチノイズ対策にもなっていると思います。多少伸縮するのですが、変に広がりすぎたりしないので、線材も通しやすいです。

保護スリーブ(ガラス編み組みチューブ)・・・モノタロウ

 

ad

 

補強はBONDIC

あとは、プラグ部(接着部分)の補強には必殺のBONDIC。LEDを4秒照射すればしっかり固まります!

広い範囲(ステレオプラグの結合部全体を覆いたいときなど)を補強するときはホットボンド、小さなところ(mmcxプラグの結合部など)を補強するときはBONDIC、という使い分けをしています。

ちなみに、グルーガンはこれ↓を使っています。手元にスイッチがあって便利です。100均にも売っていて使ったこともあるんですが、ドロドロとめどなく垂れてきて、今回のような細かな作業では全く使い物になりませんでした。

リケーブルの完成品はこんな感じ

と言うことで出来上がりはこちら!

納得の出来栄えになりました。

今回はリケーブルを自作する時のこだわりポイントとオススメアイテムを紹介しました。これから自作しようとしている方、自作しているけど気になることがある方、参考にしていただけたら嬉しいです。

イヤホンリケーブルなど、オーディオ関連の自作記事はこちらにもあります。合わせてご覧ください。

関連記事

安いイヤホンと高級イヤホンの違いを、自分で目で見て確認したいと言う思いにかられてしまい、周波数測定用のマイクを作ってしまいました。   今回作成したイヤホン周波数測定用マイクの作り方や周波数の測定方法に付いては、イヤホン測[…]

関連記事

久しぶりの趣味の工作日記です。 イヤホンケーブルを自作していると、高いパーツから安いパーツまで色々あって迷います。とりあえずは”ほどほど”レベルのパーツを使うことが多いですが、うまくいっていると「他のパーツにしたらどうなるんだろう」っ[…]

関連記事

先日、ストアカで見つけた何から始めりゃいいーのさ? ラズパイオーディオ。に参加してきた訳ですが、最近は家でもラズパイオーディオして遊んでいます。 講座に参加してきた時の記事はこちら。 [blogcard url="https:/[…]

関連記事

安くていい音を鳴らしてくれる日本製イヤホンZERO AUDIO。長い間愛用していましたが、プラグのL字のゴムが割れて中の線が見えるようになってしまいました。断線はしていないので、そのままでも使えるといえば使えるんですが、せっかくなので交換し[…]

関連記事

自作リケーブル用のmmcxプラグですが、いくつかのメーカーから出ていて値段もバラバラです。安いものだと300円ほどから買うことができます。では、そのmmcxプラグを交換するだけで果たして音に変化があるのか!?人気の2種類のプラグで検証してみ[…]

関連記事

久しぶりに作りました。mmcxイヤホン用(SHURE se215)のリケーブル。前回作ったこちらのリケーブルを見て気にってくれた友人が「自分用にも!」ってことで作ることになりました。別にse215用って言う訳ではないんですが、使う人がse2[…]

関連記事

イヤホンリケーブル用のケーブルをこれまでに何本か作ってきました。普段使いに全く支障なく、快適なイヤホンライフを送っているのですが、たまに・まれに・ふとした時に、2.5mm4極プラグが使えない時が出てきます。 メインで使うDAPはOnk[…]

変換コード完成
関連記事

ここのところ、イヤホンのリケーブル用ケーブルを何本か作ってきました。だんだん自分の技術も上がってきたり、試行錯誤をしていく中で基本スペックがだいぶ固まってきました。今回は自分用として、もう一本作ることにしました。 今回の完成品が上の画[…]

mmcx-silver-2.5.4
関連記事

私は今、イヤホンリケーブルの自作にはまっています。知人用にまた一本作りました。のめり込むとすっかりハマってしまうタイプの私は、暇を見つけてはコツコツと作っています。 まずは完成品は上の画像をご覧ください。 いかがでしょう。なかな[…]

カスタム2pin用イヤホンリケーブル純銀より線(自作)
関連記事

以前より、自作でイヤホン用のリケーブルを作っいます。先日、知人(SE215ユーザーです)に自慢していたら、その人も最近たまたま断線してリケーブルを探しているって言ので、その人専用のケーブルを作ることになりました。 どんなリケーブルを作るか[…]

mmcxイヤホン用ケーブル(自作)
関連記事

イヤホンのリケーブルを自作しているのですが、ケーブルを覆う(保護する)素材でピンとくるものにたどり着くまでに随分苦労しました(今でもより良い素材を求めていますが)。 これまでに何回も、つけて・はがして・つけて・はがしてをやりました。は[…]

イヤホン説明用簡単なイラスト
関連記事

Shureのイヤホンse215は結構使っている方も多く、とっても有名ですね。私も随分長い間お世話になっています。 ですが、そのケーブルが見事に断線してしまいました。しかも白が変色して緑になってきてしまっていました。まあ、それだけ使い込[…]

自作リケーブル1号
ad