モトローラのSIMフリースマートフォンMoto g Proと Moto g Sytlus 2021の違い

2020/10/30に発売されたモトローラの新しいSIMフリースマートフォン「Moto g Pro」はスタイラスペンがついていてビジネスでも使えるスマートフォンです。

まだ国内で発売されたばかりにもかかわらず早くも、モトローラから次のスタイラスペンつきSIMフリースマートフォン「Moto g Sytlus2021」が2021年に発売されることになるという情報が流れています。

そこで、現在発売中の「Moto g Pro」と2021年に発売される「Moto g Sytlus 2021」の違いをまとめてみました。(ただし「Moto g Sytlus 2021」についてはリークされている情報からまとめたものになります)

ad

Moto g Sytlus 2021とMoto g Proスペックのスペック比較表

それでは、Moto g Sytlus 2021とMoto g Proとのスペックを表で比較してみましょう。

Moto g Sytlus 2021Moto g Pro(Moto g Stylus)
ディスプレイサイズ6.81インチ(1080 x 2400)6.4インチ(1080 x 2300)
OSAndroid 10.0Android 10.0
メモリ容量4GB4GB
ストレージ128GB128GB
SoCSnapdragon 675 オクタコアCPUSnapdragon SD665 オクタコアCPU
カメラ4,800万画素メイン
800万画素広角
200万画素マクロ
200万画素深度センサー1600万画素のインカメラ
4800万画素メイン
200万画素マクロ
1600万画素 117°の広角アクションカメラ1600万画素のインカメラ
バッテリー4,000mAh4,000mAh
指紋認証側面背面

2021年に新しく発売されるであろうMoto g Sytlus 2021は、とにかく画面が大きくなるということが特徴です。6.8インチと言えば、Galaxy Note 10+のディスプレイサイズと同じ画面サイズですので、アスペクト比は違いますが、かなり大きい事がイメージできます。

若干SoCがアップグレードされていますが、そこまで大きく体感的な操作性に違いが出ることはないのかもしれません。

その他に目立つ違いは、背面カメラがトリプルからクアッドになっている事と、指紋認証センサーも背面から側面になる事です。

 おそらく、価格は同程度になると予想されています。
ad

海外ではMoto g Styleの発売から半年以上

国内では2020年10月30日に発売されたばかりの「Moto g Pro」ですが、実は海外では「Moto g Stylus」という名前で、すでに2020年4月にリリースされていました。

「早くも次のスタイラスつきスマートフォン?」という気がしてしまいますが、海外では発売から半年以上経過してから日本での発売が始まっているわけなので、そう考えると決して早いタイミングというわけでもなさそうです。

Moto g Stylus 2021とMoto g Proの違いのまとめ

「Moto g Stylus 2021」は、とにかく大画面。GalaxyNote10+と同じ程のサイズ感になります。大きな画面でスタイラスペンを使えるのは大きなメリットです。

一方の「Moto g Pro」は、Moto g Stylus 2021比べるとやや小さな画面とは言え、6.4インチは十分な大きさです。

スペックを見てもそれほど大きな違いがありませんので、スタイラスペン付きスマートフォンを使いたい場合は、Moto g Stylus 2021を待たずに「Moto g Pro」で良いような気がします。

ad