ロジクールの白いトラックボールマウス「ERGO M575 Trackball」レビュー|親指タイプの名器です

ロジクールのトラックボールマウス「ERGO M575 Trackball」レビューです。親指トラックボールマウスの定番と言ってもいいような製品ですが、実際にいくつかのトラックボールマウスを使ってきた中で、やっぱり一番使いやすいと感じています。

この記事ではERGO M575の良いところとちょっと残念なところをまとめています。

まずは箇条書きにて。

M575の良いところ

  • 2台のデバイスに接続できる
  • トラックボールがスムーズで精度が高い
  • 白い本体とラメのトラックボールがかっこいい
  • 大きめな本体で手が大きい人にもお勧め

ERGO M575のちょっと残念なところ

  • FLOWは使えない
  • 慣れるまでは大変

 

ERGO M575の良いところと残念なところ

それではERGO M575の良いところと残念なところをポイントにしてまとめてみたいと思います。

 

M575は2台のデバイスに接続できる

BluetoothとUSBで2台のデバイスに接続して使うことができます。パソコン2台でも良いですし、パソコンとipadなどでも大丈夫です。その切り替えは本体裏のボタンで行います。白ランプの時がUSB接続、青ランプの時がBluetooth接続の状態です。

このボタンを長押しするとBluetoothのペアリングモードになります。

M575のトラックボールがスムーズで精度が高い

このM575のトラックボールはとてもスムーズでトラッキングの精度が高いということも良い点です。過去に何台かのトラックボールマウスを使ってきましたが、ロジクール製のトラックボールは他社製品に比べて、トラックボールの作りがいいような気がします。

下の写真はトラックボールを取り外したところ。中央のセンサーと周りの3点のポイントがトラックボールの要になるところです。

この部分はホコリが溜まりやすいので、ちょくちょくトラックボールを外して掃除した方が良いです。
特に意味はないですが、トラックボールをグリングリン回している動画を撮ってみました↓

M575は白い本体とラメのトラックボールがかっこいい

これは主観になりますが、白い本体のトラックボールマウスは他であまり見かけませんし、トラックボールもラメ入りですごく綺麗でかっこいいです。

私はiMacにつなげて使っていますが、ビジュアル的にMacやMagic Keyboardとの相性もとても良いと思います。

 

大きめな本体で手が大きい人にもお勧め

M575のマウス本体はやや大きめです。私は比較的手が大きい方なのですが、それでも手全体を覆うようにマウスに手を乗せることができます。トラックボールの位置もとてもおさまりの良いポジションです。

また、トラックボールマウスの特徴の一つが、他のマウスに比べて手首が楽ということがあげられます。通常のマウスと違って手首を動かす必要がありませんので、その分、手首への負担が和らぎます。

その代わり、手首をずっとテーブルにつけて使っていると、手首が痛くなってくることがあります。なので私は100円均一で購入したクッション性のあるマウスパッドをあえてこのマウスの下に置いて、手首への負担をさらに和らげるようにしています。

Logicool FLOWは使えない

個人的に1番の残念ポイントがここ。Logicool Flowという、2台のパソコンを一つのマウスで行き来しながら操作できるという機能が、このM575では使うことができないのです。

 

 

慣れるまでは大変

結局、トラックボールマウスはその操作に慣れるまでは正直使いづらいと感じてしまう人もかなり多いと思います。でも一度慣れてしまうととても使いやすいです。

ERGO M575の外観写真

真上からみた写真。ボタンは3つです。

少し角度をつけると、本体の高さや丸みが見えてきて印象が変わります。

トラックボール側からの角度。トラックボールがきれいです。

裏面。ゴム足が5箇所もついていて安定感があります。中央はオンオフスイッチとBluetooth・USBの切り替えボタン。

電池ボックスです。単三電池一本を使用します。USBレシーバーも付属しています。

トラックボールのセンサー部分。

ERGO M575の同封物

ERGO M575の同封物も見てみましょう。外箱はこんなデザインです。

同封されているものは保証書と重要なお知らせの小さな紙が2枚だけ、折りたたんで入っていました。

マウス本体を包んでいる厚紙の内側に簡易的なマニュアル?のようなイラストが入っています。

マウスの本体中に単三電池一本、USBレシーバーは入っていました。

そのほかに箱の中に入っているものはありませんでした。

ERGO M575のカスタマイズとアプリ

ERGO M575はLogicool Optionsというアプリをインストールすると、自分好みにカスタマイズすることができます。3つあるボタンに好きな機能や、好みのアプリケーションに割り振ることができます。

また、ポインターの速度も変更することができます。

ERGO M575レビューのまとめ

ロジクールのERGO M575は、トラックボールの精度が高く他社製のトラックボールマウスに比べると使いやすいです。トラックボールを親指で操作するタイプのトラックボールマウスの最初の一台にはお勧めできる製品です。もう少し安価なトラックボールマウスもありますが、どうせなら最初からこのトラックボールマウスERGO M575を使ってみた方が、トラックボールマウスが好きになれるのではと思います。

また、色も白でかっこいいので、見た目で入るっていうのもいいのではないでしょうか。

その他にもトラックボールマウスに関する記事がありますので、よかったらご覧ください。

関連記事

お手頃価格で購入できる2つの親指トラックボールマウス。はじめてのトラックボールマウスにオススメはどちらか?を比較レビューしてみたいと思います。実は、何を隠そうトラックボーラー(?)な私。中指トラックボールも試したことがあるのですが、どうもし[…]

関連記事

ずっと愛用していたロジクールのトラックボールマウスM570がバージョンアップされたM575が発売されました。M570がだいぶ古くなってしまい、別に新しいトラックボールにもいくつかチャレンジしてみましたが、どうもしっくり来ず、なかなかM570[…]

関連記事

トラックボールマウスの王道といえばケンジントOrbit Trackball with Scroll Ring(オービット トラックボール ウィズ スクロール リング)。特徴としては、左右対称のデザインと、商品名にもなっているスクロールリング[…]

ad