新型と旧型の違い|ロジクールのトラックボールマウスM570

ロジクールのトラックボールワイヤレスマウスM570ですが、Amazonでも2種類販売されていることをご存知でしょうか。新型と旧型があり、見た目は同じで、基本的な性能も特に違いがありません。では、何が違うのでしょうか。

ad

新旧の違い1:製品名

まずは、製品名の違いを確認しておきます。

新型「SW−M570」

旧型「M570t」

「M570」であることは同じですが、先頭に「SW」と付くか、最後に「t」が付くか、で見分けることができます。製品の見た目は違いがありません。

新旧の違い2:保証期間

商品の無償保証期間に違いがあります。

新型「SW−M570」 → 1年間

旧型「M570t」 → 3年間

新型になってから保証期間が短くなってしまいました。これは残念なポイントですね。商品の質が下がったと思われてしまっても仕方ありません。

口コミを見ていても壊れやすいという声もありました。

後継となったM570は耐久性がかなり下げられているものと思われます。

3ヶ月でダメになりました。

それぞれみなさん使う頻度なども違うでしょうから一概には言い切れませんが、もしかしたら保証期間が短くなったことと関係があるのかもしれません。

新旧の違い3:重量

地味に違うところとして重量(本体の重さ)があります。

新型「SW−M570」→ 250g

旧型「M570t」→ 200g

新型の方が50gほど重くなっています。机の上で使っている分にはどちらでも違いはありませんが、もしも持ち歩いて外で使うということを想定している場合は、旧型を選んだ方がいいのかもしれません。

ad

新旧の違い4:値段

新旧どちらのマウスとも定価では4518円です。ですが、Amazonプライムデー開催中は新製品のSW-M570は定価より25%オフの3,370円で販売しています。

一方、旧製品のM570tは定価のまま4,518円となっていて、少し割高感が否めません。

割安なのはELECOMやサンワダイレクト

もし、もっと安いトラックボールマウスを使ってみたいという場合には、ELECOMのトラックボールマウスという選択肢もあります。

または、サンワダイレクトのトラックボールマウスもあります。

しかし、ロジクールのトラックボールマウスに慣れてしまうと、ELECOMやサンワダイレクトのトラックボールマウスは製品として少し劣るというか、使い心地がいまひとつな印象があります。

個人的には、ロジクールの製品がお勧めです。よかったら、こちらもご参照ください。

関連記事

お手頃価格で購入できる2つの親指トラックボールマウス。はじめてのトラックボールマウスにオススメはどちらか?を比較レビューしてみたいと思います。実は、何を隠そうトラックボーラー(?)な私。中指トラックボールも試したことがあるのですが、どうもし[…]

ad