「再就職」と「転職」という言葉の意味とその違い

仕事を変えることを転職という言い方をする場合と再就職という言い方をする時とがあります。再就職と転職には、どのような違いがあるのでしょうか。

ad

再就職と転職の意味の違い

再就職と転職という言葉の違いは定義されているわけではありませんが、今の仕事を退職する時に次の仕事の予定がある時とない時とで、言葉を使い分けている事が一般的です。

再就職とは

一般的に再就職という言葉は、仕事をやめた時には先の見通しが立っておらず、その語採用先が決まったという時をいいます。

転職とは

現在の職場を退職する時に次はどこで働くかがもう決まっているなら転職です。転職では、失業している期間がほぼありません。

仕事をしていない期間が長くなればなるほど、次の仕事が見つかった時に、再就職という言い方をします。

ad

離職期間が長すぎると不利

職場を離れている期間(離職期間)が長期にわたりすぎると改めて就職活動を行っても、相手に高く評価してもらえないことがあります。

また、離職している間は仕事をしていないので、収入が無くなることを考慮しておかなければなりません。働きながら転職先を探しておいて、間をあけずに次の仕事に就いたほうが、収入面でも不安がなく安心できます。

就労支援を有効活用

仕事探しには、インターネットの利用が便利ですが、就職支援サイトも、働きながらの仕事探しへの支援に力を入れています。例えば、ハローワークでは求人情報を閲覧・紹介を受けるだけでなく、就労支援の一環として、適切な履歴書の書き方を教えてくれたり、面接対策をサポートしてくれます。

次の仕事を探すに当たっては、ハローワークや就職支援サイト等が提供する支援を上手に使いたいものです。

ad