転職サイトとハローワークの違いとそれぞれの特徴について

転職活動を行う際には、ハローワークで求人情報をチェックしたり、ネットの求人サイトに登録して自分に合う求人情報を探している人は多いと思います。

転職サイトとハローワークでは、一体どっちが求人情報を探しやすいでしょう。

ad

ハローワークと転職サイトの違い

ハローワークと転職サイトの違いについて、理解しているでしょうか。転職サイトの場合、特定の職種や業種に特化されており、専門的な求人情報を検索することができます。

ちなみに、ハローワークはとにかく混んでいる事が多いので、最初の登録なとの作業には、1日がかりになってしまう事もあります。ある程度の覚悟が必要ですので、心にゆとりを持って行くようにしましょう。

また、ハローワークは出稿する企業も費用がかかりませんので、多くの企業からの求人情報が集まります。かなり多くの求人情報を見ることができます。

転職サイトの特徴

大手の企業への転職を考えている人、または1つの業種でずっと働いていた人が、転職先も同じ業種を希望している場合、転職サイトが向いているようです。

どんな条件での求人を探しておくか、登録時に入力しておくことで、希望に合う求人のあった時にメールが来るものもあります。

転職サイトには、求人情報を掲載してもらっている企業が、手数料を支払っています。決して安い金額ではありませんので、中小の企業は転職サイトへ掲載していない事も多いです。

出稿費用が多ければ多いほど露出も高まり、多くのエントリーを集めることがてきるので、大手企業の方が有利になります。

また、転職サイトでは、競合との差別化を図るために各々が色々な取り組みをしています。転職者の相談もしっかり受け付けてくれるサイトもありますので、必要なサポートはどんどん活用して下さい。

ad

ハローワークの特徴

求人の条件が広く、種類も多いのがハローワークです。ハローワークには、様々な企業からの求人が集まっています。

ハローワークは公共機関であり、企業側も無料で求人情報を掲載できる為、多くの企業が求人情報をだしています。

地元の中小企業のへの転職を基本している場合などは、ハローワークが良いでしょう。そうした求人情報を入手できる確率が高まります。

ちなみに、ハローワークはとにかく混んでいる事が多いので、最初の登録なとの作業には、1日がかりになってしまう事もあります。ある程度の覚悟が必要ですので、心にゆとりを持って行くようにしましょう。

 

ハローワークと転職サイトは、それぞれ掲載されている企業の性質に特徴がありますので、求人内容をチェックする時に参考にしてください。

ad