企業から求職者にアポイントが来る「転職スカウト」を使ってみましょう

転職活動を成功させるための方法には様々ありますが、転職スカウトに登録すると言う方法もあります。

ad

転職スカウトとは

就職活動を効率良くすすめられるサービスに転職スカウトと呼ばれるものがあります。転職スカウトを利用する人も決して少なくはないようです。

転職活動をしたい人は、就職支援サイトに登録する際に職務経歴書など自分の情報を記入し、スカウトを希望する人事担当者に見てもらいます。

スカウトしたい人材を探している企業が、登録した人の職歴や実績を確認できるという仕組みです。

履歴書や職歴から、会社は自分の会社の戦力になりえる能力の持ち主かを判断することができますし、見込みのある人物に対しては、会社側から声をかけて面接の段階に進むことになります。

転職スカウトは企業側からのアプローチ

これまでの就職活動では、就職を希望する人が求人を出している企業に対してアクションをして、はじめて企業は相手を知ります。

一方で、スカウトサービスの場合、転職活動中の人の情報を会社側から閲覧し、積極的に動くことが可能です企業側が「この人物なら」と思う人材を見出して、面接に来てもらうことができるのです。

そして、企業にとって必要と思えば、面接の時点で採用を決定する事が出来るわけです。

ad

自分の希望やスキルを登録するとその内容を評価した企業から連絡が来るということは、転職希望者にはよい話です。また、なかには「スカウト限定」一般には非公開の求人情報もあり、一般に公開されている求人よりも良い待遇を受けることができる場合があります。

転職スカウトは今までの経験が役立つ

スカウトを利用して転職活動をする人は大勢いますが、転職スカウトサービスの場合、経験の少ない人よりも、就職経験があり資格やスキルを持っている人がスカウトを受けやすいという面があるようです。

まずは、過去の自分の経験を棚卸しして、職務経歴書をしっかり作り、スカウトがくるように準備をしておきたいですね。

ad

大手転職サイトの多くでは、転職スカウトサービスを実施しています。まずは、マイナビ転職、ビズリーチ、エン転職、リクルートなどの大手転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか。

ad