就職活動で求人情報を見る時に最低限確認しておくべきこと

就職や転職の際には、多くの人が、条件のいい会社に就職を決めて、以後ずっとそこに勤めたいと思っていることでしょう。

人によっては、その企業の表面的な情報にばかり目をとられて、大きくて有名な会社ならどこでもいいと入社を決めることもあります。

しかし、自分のイメージどおりの企業に就職するためには、会社の概要や求人情報をきちんと確認することが重要です。

ad

チェック1 雇用形態

求人票を確認する時は、雇用の形がどうなっているかを確認しましょう。

雇用の形態は、正社員、非正規雇用、契約社員、パートタイマーなど色々ありますので、まず見分ける必要があります。

チェック2 給与

もちろん給与についても、しっかり確認しましょう。希望する職種では、どの程度の給与がもらえるのか、一つだけでなくいくつかの情報を照らし合わせて考えてみましょう。

賞与がどのくらいかと言う事も確認します。基本給が安く賞与を少し多くして年間給与をカバーしている場合もありますが、基本給が低すぎるのは問題がありますので注意しましょう。

また昇給などでも差が出てきます。

チェック3 業務内容

求人票には業務内容ついても書かれていますが、会社の考えと、求職者の考えとでズレていることもあるようです。

どの仕事に対して、どんな職種名称を使っているかが会社ごとに違っていたり、職種を記載しただけでは内容があやふやなこともあります。

あらかじめ、会社側に聞いてみて、誤解がないようにしないと後々でトラブルになることもあります。

チェック4 勤務実態

その他にも、様々なチェックポイントがあります。

  • 転勤の有無
  • 休日の日数
  • 月当たりの残業時間
  • 福利厚生

など、人それぞれに気になるポイントはあると思います。

採用が決まって、就職した後で、職場の環境が自分の条件を満たせていないことを知っても、後戻りはできません。

求人票を見る時は、見落としがないようにきちんとチェックして、自分の条件を満たしている会社を探して就職をすることが大事です。

なるべくなら、自分で確認するべき項目を並べたチェックリストを作っておいて、その中でも優先順位を考えながら、一つひとつの求人情報をチェックしていきましょう。

ad