Windows11の右クリックメニューに「その他のオプションを表示」は不要!Windows10に戻す方法

Windows11になってから、右クリックしたときのメニューが変更(追加)されました。特にフォルダで右クリックしたときのメニューがとても簡素になり、さらにワンアクション「その他のオプションを表示」という項目をクリックして、はじめてWindows10までのメニューが表示されるようになりました。

ただこれ、あまりにも表示されるメニューが簡素化されてしまっていますし、アイコンもぱっと見ではわかりにくく、Windows10までのメニューの方が使いやすかったというのが正直なところです。

そこで、今回はこの不要な右クリックメニューの表示をやめて、一発でWindows10のメニュー表示方法に変更する設定方法を紹介します。やり方は下記の2通りです。

  • コマンドから変更する(CUI)
  • レジストリエディタ(エクスプローラー)から変更する(GUI)

どちらもやっている操作は同じなのですが、マウスを使って操作する(GUI)か、コマンド(CUI)で行うかの違いです。

Windows11の右クリックメニューをコマンドで変更する方法

一つ目は、コマンドで変更する方法です。操作としてはこちらの方が簡単なので一つ目にしましたが、コマンド操作がちょっと怖いという方は、次のレジストリエディタ(エクスプローラー)ので変更する方法まで飛ばしてください。

「Windowsマーク」+「R」キーを同時押して、「cmd」と入力して「OK」ボタンを押し、コマンドプロンプトを起動します。

コマンドプロンプトを起動したら、下記のコマンドを入力してエンターします。

reg.exe add "HKCU\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}\InprocServer32" /f /ve

「この操作が正しく終了しました」となれば完了になります。一見、何の変化も無さそうですが、パソコンを再起動すると、右クリックメニューがWindows10の頃のように戻っています。

 

コマンドとパラメータの解説

このコマンドで行なっている操作は、レジストリキー「HKCU\Software\Classes\CLSIDに「{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}\InprocServer32」を作成して、空の値を追加しています。

reg add新しいサブキーまたはエントリをレジストリに追加します。
/ve追加されたレジストリエントリの値が null であることを指定します。
/f確認を求めずに、レジストリ エントリを追加します。

参照:マイクロソフトドキュメント

 

Windows11の右クリックメニューをレジストリエディタで変更する方法

レジストリエディタから変更する方法です。

「Windowsマーク」+「R」キーを同時に押して、「regedit」と入力して「OK」ボタンを押し、レジストリエディタを起動します。

次の画面で、「このアプリがデバイスの変更を加える事を許可しますか?」と確認されるので、内容を確認して「はい」を押してください。
レジストリエディタが開きますので、下記の階層を辿って開いていきます。
コンピューター
HKEY_CURRENT_USER
Software
Classes
CLSID

下記をレジストリエディタにコピペしても一発で開きます。

コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID
CLSIDが見つかったら右クリックして、「新規(N)」→「キー(K)」をクリックします。
すると、CLSIDの下層に「新しいキー#1」ができます。
「新しいキー#1」の名前を下記に変更します。
{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}
続けて、今作成したキー「{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}」を右クリックして、「新規」→「キー」と進みます。
すると、先ほど作ったキーの下層に「新しいキー#1」ができますので、今度はその名前を「InprocServer32」変更します
InprocServer32
キーの作成ができたら、その中に含まれている値が「null」であることを念のため確認します。右側のウィンドウに表示されている「(既定)」というファイルのデータが「(値の設定なし)」となっていれば大丈夫です。
ファイルを右クリックして「修正(M)」へ進むと、ポップアップで小さいウィンドウ「文字列の編集」が開きますので、値の名前が「(既定)」、値のデータに何も入っていないことが確認できます。
以上でレジストリエディタでの操作は完了です。パソコンを再起動すれば、右クリックメニューが変更されています。

右クリックメニューを元に戻す方法

最後に、変更してしまった右クリックメニューを元に戻したくなった時の為に、元に戻す方法も記載しておきます。

レジストリエディタで操作する場合

{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}

コマンドで操作する場合

コマンドで操作する場合は、先ほどと同じ要領でコマンドプロンプトを起動し、下記のコードを入力してエンターして下さい。

reg.exe delete "HKCU\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}" /f
「この操作が正しく終了しました」と表示されていればOKです。設定変更後はパソコンを再起動してください。
ad