オフィス2019をマイクロソフトのアカウントを作成しないでインストールする方法の備忘録

現時点での最新版マイクロソフトオフィス2019ですが、インストールするときにマイクロソフトのアカウントを作成しないといけなくなったようです。

今回は、マイクロソフトのアカウントを作成しなくてもインストールする方法かわかりましたので、紹介します。

 

ad

オフィス2019はマイクロソフトのアカウントを作成する必要がある

通常のダウンロード・インストールして使用するタイプのOfficeを使用したくて購入したのですが、なんと最新のOffice2019ではマイクロソフトのアカウントを作成しないとインストールして使用することができなくなっていたのです。

驚きました。

と言うか、現在はサブスクリプションタイプのOffice365が主流になっていますし、MicrosoftとしてもOffice365を使わせようとしているようです。

 

そういうのは嫌いです

Google先生にお伺いしたところ、マイクロソフトのアカウントを作成しなくてもインストールすることができました。今回は、こちらの2サイトを参考にさせていただきました。本当にありがとうございました。

「初心者備忘録 Office 2019のインストール方法」

「Raving! MicrosoftアカウントなしでOffice2019インストール&アクティベート」

 

ad

 

マイクロソフトのアカウントを作成せずにオフィス2019をインストールする方法

上記の2サイトをみていただければほとんどの場合は解決できると思いますが、私が少しつまづいたところもあったので、それもふまえて備忘録として残しておきます。

 

前提条件です

まずは、前提条件としていくつか注意点があります。

  • すでに一度オフィス2019のインストールをした後だったり、他のバージョンのオフィスがインストールされていると上手くいかない場合もあるようです。その場合はアンインストールしてください。
  • オフィス2019はWindows10にしか対応していません。
  • インターネットに接続した状態で実行してください。

では、行ってみましょう。

1.マイクロソフトからオフィス展開ツールをダウンロードします

マイクロソフトからオフィス展開ツールが無料でダウンロードできます。

マイクロソフトダウンロードセンター

 

ダウンロードしたファイルは、exeファイルになっているので、ダブルクリックで実行します。

するとメッセージが表示されるので、チェックボックスにチェックを入れて進めます。

保存場所を指定して展開します。

 

完了すると、次の4つのファイルが作成されます。

 

2.configuration.xmlというファイルを新規に作成します

 

メモ帳などで新しくファイルを作ります。

 

<Configuration>
<Add OfficeClientEdition=”64″ Channel=”PerpetualVL2019″>
<Product ID=”Standard2019Volume” PIDKEY=”ここにキーを入力”>
<Language ID=”ja-jp” />
</Product>
</Add>
</Configuration>

 

注意点として、いくつかオプションがあります。上記内容と照らし合わせて確認してください。

 

★ OfficeClientEditonはご自身のOSが64bitか32bitかに合わせて、”64″か”32″になります。

 

★ 自分の場合はOffice2019standardバージョンだったので、ProductIDが”Standard2019Volume”としていますが、お手持ちのバージョンに合わせて設定できます。

– ProPlus2019Volume
– Standard2019Volume
– ProjectPro2019Volume
– ProjectStd2019Volume
– VisioPro2019Volume
– VisioStd2019Volume

 

★ PIDKEYの箇所にキーを入力しておくと、インストール後の起動時にライセンス認証が走ります。PIDKEYは無しでもインストールできました。

 

その他のオプション設定については、マイクロソフト公式サイトに載っていますので、合わせてご覧ください。

 

3.作成したファイルを先ほどのフォルダに保存します

 

 

今回は、USBメモリにoffice2019と言うフォルダを作って、そこにダウンロードして展開したファイルと一緒に保存しました。ダウンロードして展開した4つのファイルと一緒のフォルダに保存してあればOKです。

 

4.コマンドプロンプトで先ほどダウンロードしたsetup.exeを実行します

 

 

ダウンロードした4つのファイルと作成したxmlファイルを一つのフォルダにまとめたら、フォルダのアドレスバーに「cmd」と打ち込みエンターを押すと、このフォルダ上でコマンドプロンプトを起動できます。

 

 

そして、下記コマンドを入力してセットアップファイルを実行します。

setup /configure configuration.xml

 

 

ad

 

5.インストールが始まります

コマンドを間違いなく入力し、エンターを押すと間もなくインストールが始まります。

オフィスのバージョンにもよってインストール時間は変わると思いますが、私の場合は30分近くかかりました。

ダウンロードしながらインストールをしていくので、インターネットにつながった環境である必要があります。

 

インストールが無事に終了したら、表示されているウィンドウを閉じて大丈夫です。コマンドプロンプトの画面も開いたままになっている場合は、右上の「×」で閉じて大丈夫です。

6.インストールが無事に終わると、ライセンス認証をします

コンフィグレーションファイルにキーを指定した場合のみです。指定してない場合は、別途ライセンス認証をしてください。

インストールが無事に終了した後、オフィス(エクセル、ワード、パワーポイントなど)を起動すると、ライセンス認証画面が表示されますので、そのまま「インターネット経由で行う」で進めます。

 

 

 

先ほど作成した「configration.xml」で入力したMAKキーが正しければ、そのままライセンス認証が完了します。

 

7.ライセンス認証も完了して、無事に使用できるようになりました

 

 

このインストール方法を知る前に「アカウントを作らないといけない」と知った時は愕然としました。ですが、今はむしろインストールが楽になったと感じています。

良かったら参考にしてください。

広告