iPhoneでYouTubeの広告をブロックすることができるGoogle Chromeの拡張機能|Enhancer for YouTube

iPhoneにGoogle Chromeがインストールされていれば、「Enhancer for YouTube」という拡張機能を追加するだけで、YouTubeの広告を無料で簡単にブロックすることができます。

Google Chromeをインストール

まだGoogle Chromeをインストールしていない場合は、AppsStoreからインストールしておいて下さい。

私はすでにインストール済みだったので「開く」となっていますが、これからインストールする場合には「入手」というボタンになっています。

Enhancer for YouTubeを追加

続けてGoogle Chromeの拡張機能Enhancer for YouTubeを追加します。Google Chromeを開いて、検索窓に「Enhancer for YouTube」と入力します。

出てきた検索結果のリンクをタップすると、ChromeWEBストアが開くので、「デスクトップに追加」ボタンをタップして拡張機能をインストールします。

 

「デスクトップに追加済み」というボタンに変わっていれば完了です。

 

そのほかに設定を変更する必要はありません。

 

YouTubeアプリでは開かない

YouTubeを見る時に一つだけポイントがあります。それはYouTubeのアプリで開かずに、Google ChromeでYouTubeを開いて見るということです。

 

 

YouTubeのアプリで開いてしまうと、今まで通りに広告が表示されてしまいますので、気をつけて下さい。

パソコン版にも同時にインストールされます

パソコンとスマホで同じGoogleアカウントでGoogle Chromeにログインしている場合、スマホに追加するとパソコンでも同時に追加されます。

 

拡張機能を有効にして、パソコンのGoogle ChromeからYouTubeを開いて見ると、下記の画像のようにボタンメニューが追加されていました。

 

こうしたボタンは設定で変更できます。広告をブロックするだけでなく、かなり色々と設定することができて便利です。ご自分の使いやすいようにカスタマイズしてみて下さい。

 

今回は以上です。

 

YouTubeの広告をブロックする方法としては、Google Chromeではない広告ブロック機能付きのブラウザ「Brave」を使うという方法もあります。

関連記事

YouTubeはプレミアムに入らないと広告が表示されるということは、わかってはいてもどうしても気になってしまうものです。だからと言って毎月お金を払ってプレミアム会員になるのはちょっと…という方は、YouTubeを見る時に、Braveブラウザ[…]

ad