THIRDWAVE F-14IC実機レビュー|タイピングが気持ちいい、ビジネスに最適化されたモバイルノートパソコン

ゲーミングパソコンやBTOパソコンでも有名な「ドスパラ」が発売しているビジネス仕様のモバイルノートパソコン「THIRDWAVE F-14IC」の実機レビューです。

GOODポイント

  • タイピングが気持ちいい、打ち心地最高のキーボード
  • 片手で開閉できる

BADポイント

  • キーボードの日本語表示がちょっとダサい

 

ad

THIRDWAVE F-14ICの外観など

まずは外観からです。

グレーでシンプルな天板です。ロゴマークなども何もありません。これなら仕事でもどこで使っても問題ありません。

 

裏面です。すべり止めのゴム足はバー状に2本ついているので、置いた時に安定感があります。

 

非光沢タイプの液晶は映り込みもほとんどなく、発色が良く綺麗です。

 

キーボードの配置もいたってナチュラルです。キーピッチも19㎜確保されていて、タイピングもしやすいです。また、特筆すべきはキーの打ち心地がとても良いです。手触りもサラサラしていて、しっかりと押し込む感覚もあるのに、重くありません。とても気持ちのいいキーボードです。

キーボードの両サイドはスピーカーになっています。電源ボタンは指紋認証にも対応しています。

気になるのは、キーボードのアルファベットやひらがなのプリントが大きくて、見た目ちょっとカッコ悪いような気が。。。

 

ディスプレイを開くと、自然とキーボードが上に持ち上がる「リフトアップヒンジ」タイプです。キーボードに角度がつくのでタイピングしやすくなりますし、ディスプレイと本体の隙間に排熱口があるので排熱効率もよくなります。

 

THIRDWAVE F-14ICの入出力ポート

続いて、入出力ポートです。

本体左側面はUSB Type-A、オーディオポートです。

 

本体右側面は、USB Type-A、USB Type-C×2個、カードスロットとなっています。最近はUSB Type-Aポートを省いてしまっているノートパソコンも増えてきましたが、USB Type-Aが2個ついているので、マウスや外付けHDDなどを使うことが多い私はとても助かります。

USB-Cは充電ポートも兼ねています。

 

THIRDWAVE F-14ICのサイズと重さ

THIRDWAVE F-14ICの上にA4サイズのノートを置いてみました。A4よりはやや大きめです。

 

重さもバッテリーを含めてもたった1.2kgしかありませんので、片手で軽々と持ち運ぶことができます。

 

THIRDWAVE F-14ICは片手で開閉できる

THIRDWAVE F-14ICは、ディスプレイを開けるときに片手で開くことができます。本体側を手で押さえている必要はありませんので、地味ではありますがとても便利でいいです。よく設計されているなと思います。

 

USBーCで充電できる

2つあるUSB-Cポートのどちらも充電できるようになっています。付属の充電器もコンパクトで持ち運びもそれほど邪魔ではありません。また、USB-PDに対応していればAnkerなど他社の製品でも使うことができるので、充電器を何個も持ち運ぶ必要がありません。

 

 

THIRDWAVE F-14ICスペック詳細

THIRDWAVE F-14ICのスペックについてまとめておきます。

 

CPUインテル Core i5-1035G1
メモリ8GB DDR4(PC4-19200)
ストレージ256GB NVMe SSD (M.2スロット 2280 / PCIe接続)
ディスプレイ14.0インチ フルHD 非光沢ワイド液晶 (1920×1080ドット表示)
キーボード日本語キーボード
WEBカメラ
入出力端子USB3.2 Gen1(Type A)×2
USB3.2 Gen1 Type-C(PD対応/充電/映像出力)x2
マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子x1
サイズ321.0(幅)× 216.5(奥行き)(プラ寸法含む)× 17.3(高さ)(ゴム足含む)mm
重さ約1.2Kg(バッテリー含む)
バッテリーリチウムイオンバッテリー (約14.4時間 JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver. 2.0))
無線LANIntel Wi-Fi 6 AX201(IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax)

これだけの性能であれば、オフィス系ソフト、ZOOMなどのビデオ会議など、快適に使うことができます。

さらにTHIRDWAVE F-14ICには、Microsoftオフィスと互換性の高い「WPS OFFICE」がインストールされています。ライセンスも付いていますので、ワード、エクセル、パワーポイントなどの代わりにすぐに使うことができます。

 

以下はベンチマークテストの結果です。

ITHIRDWAVE F-14ICのベンチマークテストの結果

PC MARK10

パソコンの総合的な性能をチェックするためのベンチマークテスト「PCMARK 10」を実行したところ、総合スコアは「3536」でした。

PCMARK 10のスコアの詳細をみると、基本性能を示すEssentialsが7901、ビジネス系アプリのパフォーマンスを示すProductivityが5217と、どちらも快適さの目安となる3000を大きく超えていました。クリエイティブ系アプリのパフォーマンスを示すDigital Content Creationは2914ということで、全体に思ったよりも高い結果になりました。

ドラゴンクエストX ベンチマーク

ドラゴンクエストXのベンチマークテストを実行してみました。解像度フルHD1920×1080、グラフィック設定「最高品質」、ウィンドウモードでスコアは3872で「普通」となりました。軽いゲームであれば遊ぶことができます。

 

CrystalDiskMark

ストレージの性能を「CrystalDiskMark」でチェックしてみたところ、2516.15MB/s、ライト1245.92MB/sとなりました。読み書きともに超高速です。

 

THIRDWAVE F-14IC実機レビューのまとめ

と言う事で、今回はTHIRDWAVEのビジネス用ノートパソコン「THIRDWAVE F-14IC」の実機をレビューしてみました。

日常で使う一般的な用途(インターネット、メール、YouTube視聴、マイクロソフトオフィスなど)であれば、これ以上のスペックは必要ないのではないでしょうか。「動画を編集したい」「高負荷のかかるゲームがやりたい」という場合を除けば、特に不満になることはないでしょう。

コンパクト・軽量で持ち運びができて、基本性能も十分。何よりこの性能で約8万円購入することができるということを考えると、コストパフォーマンスが高いことは間違いありません。また、余計なソフトウェアもほとんどインストールされていないので、癖がなく使いやすいWindowsノートパソコンです。テレワークに使える持ち運びができるモバイルノートパソコンを探している方にお勧めできるモバイルノートパソコンになっています。

THIRDWAVE F-14IC

ad