Swatch(スウォッチ)の電池交換は誰でもできると思う

Swatch(スウォッチ)の電池交換は誰でもできると思う

かねてから愛用しているSwatch(スウォッチ)の電池交換の話をしようと思います。スウォッチの魅力の一つはパーツ交換の手軽さが上げられると思います。電池交換も他の時計を比べると圧倒的に簡単です。簡単すぎて笑えるくらいなんですが、始めてのときは不安になるかもしれないので、手順を書いておきます。良かったら参考にしてください。基本的には誰でもできる作業だと思いますので、ぜひ自分でやっちゃいましょう!

スウォッチの電池交換で用意する道具

用意するものもほとんどありません。スウォッチ本体の他に必要なもの、それは、

500円玉

以上!

電池カバーに傷をつけたく無いという場合は、薄手の布切れか何かをあてるといいですね。

500円玉じゃなくても、他の硬貨(1円は柔らかすぎると思いますが…)やマイナスドライバーなどでも出来なくは無いですが、サイズが合わないとうまく回らないので、500円玉がベストです。

 

スォッチの交換用電池の型番は?

本体裏に電池の型番が書いてあるものもあります。自分が使っているNewGentには裏面にしっかり電池の型番が書いてあります。「SR1130SW」でした。下の写真の赤枠の中に書いてあるのですが、本体がスケルトンなので写真では見づらいですね。すみません。

あとは、電池カバーを外せば当然電池が出てきますので、それを見れば一目瞭然ですね。ちなみに、私が購入した電池はこちら。ソニーなのに安すぎです。

 

 

スウォッチの電池交換手順

それでは交換してみましょう。

本体裏に電池が入っているところがあって、カバーがついています。そこの溝に500円玉を当てて、押し込みながら左へ回して、カバーを外します。

電池カバーが外れて、中の電池が見えます。(あ、もうこの時点で作業は半分終わっています)

まだ型番を調べていない場合は、ここで電池本体を確認して、新しい電池を購入します。

電池をプラス面(文字が書いてある面)が外側にくるように元の位置に乗せます。この状態では電池は浮いています。その上からカバーをかぶせて、外した時と反対方向に500円玉で押し回します。

以上。もうおしまいです(^ω^)

あとは、時間と日にちと曜日を合わせておきましょう。

Advertisement

スウォッチの店舗でもタダでやってもらえるらしい

ちなみに、スウォッチの店舗に持っていってもタダでやってもらえるみたいです。

ENERGY FOR LIFE – バッテリー無料交換サービスについて
バッテリーが止まったままに眠っているスウォッチウォッチはございませんか?

今なら、スウォッチが無料でバッテリー交換を実施中。

お近くのスウォッチ直営店へ交換したいスウォッチウォッチをお持ちください。無料で交換させていただきます。数量の制限はございません。
ただし、お持込いただいた商品の数量によってはお預かりとなることもございます。また、一部スペシャルモデルつきましては、交換できないモデルもございますので、予めご了承ください。

もう一度、スウォッチウォッチを目覚めさせましょう!

公式サイトより引用

間違っても、近所の時計屋さんとかに持ち込んで、「交換料金500円」なんて取られないように気をつけてくださいね。

 

スウォッチはベルト交換も超簡単

余談ですが私のスウォッチNewGentは、ベルトも自分で交換していて、今はツートンカラーにして楽しんでいます。ベルトの交換方法は別記事に書いていますがこれまた超簡単です。安いベルトも売っているので、ぜひご自身で交換してください。