スウォッチのベルト交換はものの2分で終わる。

スウォッチのNewGentをずっと愛用しています。軽くてシンプルで飽きないデザインがやっぱりいいですね。洋服も選ばずに、オンでもオフでも合わせられます。

そしてお値段がリーズナブルと言うところも高ポイント。

ただ、スウォッチのベルトって意外と切れてしまうことがあります。そこで、今回はスウォッチのベルト交換の方法についてまとめてみました。とても簡単ですので、ぜひ皆さんもご自分で交換してください。

ad

ベルトの交換方法

交換方法はいたって簡単です。

1:付属のピンで抜く

myswatch-clean

2:とりあえず溝の掃除をしておく

掃除をした方が良いと思うのは、上の画像の赤丸の部分です。結構汚れがついていました。私は綿棒でホジホジと掃除しました。

 

3:新しいベルトをはめてピンを通す

myswatch-pole
ピンを差し込んでいる途中

 

それだけです。両側やっても、ものの5分で終わります。と言うか2分で終わります。あとは掃除にどれくらい時間をかけるか次第です。

ad

ベルトはAmazonで購入しました

随分前にもベルトループが切れてしまって、交換したことがあってベルトを交換しました。その時は別の用事があって銀座に行ったついでに、スウォッチストアに行って購入しました。3,000円近くした気がします。なんかすごく不思議な空間だった印象が残っています。あまり良く無い意味で…(;’∀’)

公式サイトも見ていたんですが、あのページって見づらくないですか?

なので、Amazonとか楽天とかを見ていたら、どうも正規品じゃなくても良いかなって気がしてきました。結局、今回はAmazonで1,000円ほどで売っていたやつを購入しました。

購入したベルトには、交換用のピンを押し出したり・押し入れたりする道具がおまけでついているんですが、これが実は正規品についていた物より、よっぽど使いやすかったです!

付属のピンはこれ。小さいですが、使いやすくて必要十分です。

ad

安いベルトはそれなりの質感

使用感として、そんなに悪いものではないですが、ベルトループが緩いみたいで、すぐにベルトが外れてペロンってなってきちゃいます。その他は、まあ素材もなんかやわっこい感じで安物感なんですが許容範囲です。

ただ、このベルトは何と言っても安いので、何色か買って気分で気軽に交換したり、両サイドに違う色にしたりしてオリジナル仕様で楽しみたいと思います。

これで、またしばらくは NewGentを愛用できそうです。

 

電池交換の手順についても書いてみました。よろしければご覧ください。

どろぱち

Swatch(スウォッチ)の魅力の一つは電池交換の手軽さでもあると思います。超簡単ですのでぜひ自分でやってしまいましょう…

広告