転職の面接試験を受ける時の心構え。面接前から面接は始まっている

転職活動の最後の関門は面接です。転職を成功させるためには、面接は避けては通れません。もしも、面接の受け方を間違って覚えていると、十分な実績や実力を持っていたとしても、採用の可能性が一気に下がってしまいます。

ad

面接前から面接は始まっている

面接がスタートするまでは、面接の評価は始まっていないと考えている人もいるようですが、気をつけたいことがあります。

面接用の部屋に入る前、その会社に訪問した時から、実質的に面接としての評価は開始していると考えたほうがいいでしょう。

転職したいと希望している会社で対応をしてくれる受付や案内係りの社員、周りにいるスタッフなどの人も採用された後は同じ職場で働く可能性を持っている人たちばかりです。

また会社によっては、受付でのやりとりで何かしらの問題があれば、そのまま面接官に情報として伝えられ、判定に関わるケースもあります。

ですから、会社に一歩足を踏み入れたら既に面接は始まっていると考えて、誰かと顔を合わせたら会釈をするなど、関係性を円滑にする努力をしておく必要があるでしょう。

ad

 

面接では柔軟な対応も大事

採用面接の場では、棒読みのしゃべり方にならないようにして、自分の言葉で話すことです。転職を希望する人を採用する時は、決まった答えというものはないので、質問への答え方が模範解答ばかりでは逆に警戒されてしまいます。

まずは最低限として、会社の理念や業務内容だけではなく、あらかじめ業界の動きや今後の展望について下調べをしておきましょう。

また、転職の場合は、すでに社会経験のある即戦力となり得る人材を採用するケースがほとんどです。

自分のスキルや実績がどういうもので、会社でどのように生かすことができるかを、面接で伝えられるよう心がけましょう。

そして、転職活動を成功させるためには、面接の質問に対する自分なりの答えをしっかりつくることです。

志望理由だけでなく、趣味や特技は何か、普段はどんなふうに過ごしているかなど、想定外の質問があるかもしれませんので、しっかり自分の言葉で伝えるように落ち着いて対応できるように準備しておきましょう。

面接対策の書籍は多数出版されていますので、参考にするのも良いでしょう。ですが、書籍やネットでよくある質問をチェックしたとしても、答え方は通り一遍のものにならないように注意して下さい。

ad