転職時の面接で大事なマナーと挨拶の重要性について

面接を受ける時は、マナーに沿った行動をする事がとても大切になりましす。

ad

面接でのマナーが大切な理由

どんなに優秀な人材だとしても、一緒に働くには難がある性格だったら、まず採用はされません。

面接時の受け答えも大切ですが、面接官が感じる印象はとても重要で、採否の結果にも大きく影響されるものです。

面接をする側としても、応募者がどんな人物かという中にマナーができているかという分も、含まれているといえるでしょう。

面接で重視される事

面接官は面接が行われている時にどこを重視するかと言いますと、それは「挨拶」になります。挨拶の仕方は、初対面である面接官に与える印象は大きいものである為、しっかりとした挨拶は欠かせません。

もちろん、企業に面接を受けに行ってからおろおろしないように志望動機や自己アピールを準備しておく事も大切なのですか、まずはあいさつがしっかりと出来なければ、どんなにいい話をしても良い結果にはつながらないでしょう。

ad

面接での挨拶のコツ

それでは、どんなことに気をつけてあいさつをすれば良いのか、上手に挨拶をする為のコツは何なのでしょうか。

基本は、面接の冒頭と終了時にお礼の言葉を添えることが大事です。合わせて、その挨拶の中にも自分がここで働きたいといった意気込みを加えるのも良いでしょう。

なかなか採用がもらえない人は、聞き取れない挨拶や語尾が尻すぼみになるようないいかげんな挨拶しかできていないことがあります。

挨拶が出来ないだけで、この人と一緒に仕事をしたいと感じでもらうことがてきず、不採用の判断をされてしまう可能性もあります。

 

もちろんマナーとして時間を守ったり、服装は正しく着用したりすることは当然なのですが、しっかりと良い挨拶が出来るように準備しておくことがとても大切です。

 

ad