就職面接を成功させる為のポイントと自己PRについて

就職活動を成功させるために避けて通れないものが面接です。

筆記試験や一般教養などは免除してもらえる事があったとしても、面接をスルーして採用が決まることはほとんどありません。

それでは、面接を成功させる為には、どんな事をすれば良いでしょうか。

ad

一緒に働きたいと思う人

共に働く会社の一員として採用するかどうか決める時には、面接官は必ず面接をして、どういう人物かを見ます。

面接官が質問をして、応募した側はその質問に答えることで、どういった人物かを見定めるというのがよくある形です。

面接を通して、面接官は応募者の今までの経歴やる気だけでなく、場合よっては趣味や特技などを聞きながら、その人の人となりを探ります。

その上で、一緒に働きたいと思える人、仕事を任せられると思う人を見つけていきます。

事前の準備は必ず行う

事前の準備を入念に行っておくことが面接では必要だといいますが、面接に対する準備とは何をすればいいでしょう。

ぶっつけ本番で、準備なしで面接を受ける人も中にはいますが、面接を受ける企業の理念だけでなく、その業界の動向についての予備知識や、心構えくらいの準備は最低限しておきたいものです。

他の人を参考にしすぎない

面接の時に気をつけなければいけないのが、質問に対する答えを本やインターネットを参考にしすぎないという事です。

差し障りのない回答をすることはできるかもしれませんが、面接官の評価が高くなるわけではありませんし、箸にも棒にもかからないような答えは意味がありません。

さらに言えば、ただ作っただけの自分の意志のない回答は、面接官には意外と伝わってしまうものです。

ad

自分の気持ちや考えを自分の言葉で伝える

自己PRにつなげられそうな答えを意識することが面接では重要です。自己PRは、面接時に意識しておきたいことの一つです。

面接を受ける時には、自分の人となりを伝えると同時に能力、やる気、会社にどのように貢献できるかを伝えることです。どんな長所を持っていて、会社ではどのような点で戦力になりえるかなどを伝えたいものです。

なかなか良いと思える回答がまとまらないとしたら、「今までの頑張ってきた事は何か」「そうした経験からどんな事を学んだのか」、さらには「入社したらどんな事を頑張りたいか」「将来の目標は何か」と言う事を自分の言葉で詳しく説明できるように準備しておくことが大切です。

ad