eco検定は就職に有利?取得に必要な勉強時間やメリットについて

エコロジーを扱う会社は増加傾向にあり、新卒者の求職先としても関心を集めています。大企業のエコ関連分野に就職を望んでいる学生も多く、今後も人気はさらに高まることでしょう。

たくさんの人が就職を望めば、それだけ採用は大変になります。

エコ関連の企業に就職したい人の中には、少しでも他の人に差をつけようとさまざまな資格をとる動きもあります。

ad

eco検定とはどんな資格か

中でも最近取得者が増えているのが、eco検定です。

eco検定とは、東京商工会議所が主催している環境に関する検定試験です。

正式名称は環境社会検定試験と言います。

 

国家資格ではないので「教養検定」と言われる部類に入るeco検定は、エコロジーのために役立つ知識を試験という形で問うものです。

eco検定は就職に有利になるか

eco検定に合格しているからといって、他の就職希望者より有利になるとは言いきれません。

ただし、eco検定を取ったことを履歴書などに書き込むことで、エコロジーに関心があることを企業にアピールできるという効果は期待できるでしょう。

eco検定によって自分のエコに関する知識レベルを測り、エコ関係の会社への就職活動の弾みとするために勉強をしてみてください。

ad

eco検定を取得する為に必要な勉強時間

では、eco検定に合格するためにははどのぐらい勉強が必要なのでしょうか。

知識が全くない状態で考えますと、1日1〜2時間程度の勉強時間を確保できれば約2週間ほどで合格レベルに達することができるでしょう。

テキストは、東京商工会議所の公式テキストもありますが、技術評論社の「eco検定ポイント集中レッスン」というテキストが比較的評判が高いです。

eco検定では、細かい数値や環境関連の条約などの出題もありますが、一方で環境問題に関する時事問題も出題されますので新聞を読んでおくと役に立つことでしょう。

まとめ

エコの精神は、すぐに身につくものではありません。日々の暮らしでできることから、少しずつでも環境にやさしいエコ活動やボランティア活動を行うことが大切です。

日本の雇用は今まさに過渡期にきています。エコ関連分野への就職は今後の雇用の中心となる新たな分野とも言えるでしょう。

エコ関連分野への就職を希望される場合は、ぜひeco検定にチャレンジしてみて下さい。

ad