10年以上前のMacBook Pro(Mid2009)のCPU性能を調べたら、本体を買い替えたくなった話

10年以上前のMacBook Pro(Mid2009)を今でも普通に使っています。バッテリーを交換したり、HDDをSSDに交換したり、メモリを増やしたりしながらではありますが、特に大きな支障がなく使うことができています。

もしCPUも交換できれば、まだまだ使えるかなとは思っているのですが、ちょっと難しいので買い替えも検討しています。新しいMacbookAir2020も出ましたし。

そこで、MacBook Pro(Mid2009)のCPU性能を確認してみる事にしました。

 

まずはCPUの型番を調べます

Macメニューから「このMacについて」を開きます。

とりあえず、どのCPUが使われているか確認できます。

でもこれだけですと、細かな型番まで確認することができません。

 

ターミナルから詳細を確認

Macの場合、ターミナルからCPUの型番を調べることができます。

 

spotlightでターミナルを検索して起動します。

 

そして、次のコマンドを入力してエンターします。

sysctl machdep.cpu.brand_string

 

すると、型番が確認できます。

 

 

これを、インテルのホームページで調べてみました。

https://ark.intel.com/content/www/jp/ja/ark.html#@Processors

ちゃんと情報が確認できました。

最近のCPUとの性能比較

では、このCPUの性能はどの程度あるのでしょうか。ベンチマークテストの結果を公表しているサイトで確認させてもらいました。

https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core2+Duo+P8700+%40+2.53GHz&id=975

これだけだと、優れているのかどうかわかりませんので、最近のCPUと比較してみました。すると、とんでもない事に。。。

https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core2+Duo+P8700+%40+2.53GHz&id=975

と、なんと言う低さ!

最近販売されているノートパソコンのCPUには、「Core i5 8250U」「Ryzen 5 3500U」が搭載されていることが多いです。それと比べても約7分の1程度の性能しかありません。。。

さすがに買い替えたほうが良さそうだと、改めて思いました。

 

ちなみに、下記のコマンドを打つと、 Macのターミナル上でCPUのさらに詳細が確認できます。

sysctl -a machdep.cpu