スタンドにもなるおしゃれなエレコムのMacbookAir持ち運び用パソコンケースレビュー|MINIO

個人的にMacbookAir本体にカバーなどをつけて使うのは、MacbookAir本来の良さ(薄さ、軽さ、デザイン性など)が損なわれてしまいそうな感じがしてあまり好みではありません。かといって持ち運ぶときには何かのケースに入れておかないとキズがついてしまうので不安です。

持ち運び用のケースを探していたときにたまたま見つけたのが、今回紹介するエレコムのMINIOシリーズのMacbookAir用ケースです。

このケース、私が購入の一番の決め手になったのは、パソコンを使うときにはスタンドとしてパソコンに角度をつけることができて、タイピング(キーボード入力)がしやすくなると言うところです。

実際に使ってみて良いところ、残念なところが分かりましたのでまとめておきます。よろしければ参考にして下さい。

エレコムのパソコンケースは質感が良い

製品紹介ページでも表記されていますが、ソフトレザーを使用したケースは、適度が柔らかさがありつつ本体はしっかりとカバーしてくれます。手触りや質感がとても良いです。

また本体カラーもありふれた黒やグレーだけでなく、ポップな配色で中と外の色がツートンになっていてかわいいです。私が購入したのは「フレッシュバニラ・アプリコットオレンジ」です。

他サイトで「臭いが気になる」というレビューも見受けられましたが、少なくとも私は全然気になりませんでした。

エレコムのパソコンケースをスタンドにするとタイピングがしやすくなる

たくさんの種類があるケースの中で購入の決め手の一つになったのは、ケース自体がパソコンスタンドとして使用することができるというところです。

写真のように蓋を折りたたんでくぼみのところ(マグネットになっています)に合わせます。するとカバー上部が三角形で固定されてその上にMacbookAirを載せることができるようになります。

高さを実測してみたところ、一番高いところでだいたい60mmでした。

この高さがつくことで、平面だったパソコンのキーボードに角度がつき、タイピングがしやすくなります。

エレコムのパソコンケースはそのまま充電できる

ケース側面のカバー部分は開いている状態ですので、使わないときにはケースに入れたままの状態で充電することができます。

エレコムのパソコンケースは薄くて軽くて本体にぴったりフィット

今回購入したタイプはMacbookAirにぴったりフィットするように作られています。ケース自体の薄さは3mm、わずか230gと本当にうすくて軽く、MacbookAirにジャストフィットします。

カバーを閉じるとこのようになります。

ピッタリサイズになっているので、他のパソコンで使い回すことはできないかもしれません。

エレコムのパソコンケースは隙間ができる時がある

カバーを閉じたとき、隙間が少しできる時があります。軽く手を添えてタッチすれば、マグネットがくっつくので閉じられるのですが、どうせなら、この微妙な隙間が出来ずに常にピタッと閉じられたら気持ちいいのになと思いました。

エレコム以外のケースで収納時に「マグネットの影響でバッテリーが勝手に減っている」という商品を見かけましたが、このエレコムのケースではそうしたことは起きていません。

エレコムのパソコンケースはポケットなどが一切ない

あらかじめわかっていたことではあるのですが、ケースをスタンドとして使用するので、ポケットなどは表にも裏にも一切付いていません。

シンプルでいいのですが、せめて側面にペンホルダーががあったりしたらもっとよかったのでは?と感じました。

 

と言うことで、今回は「スタンドにもなるおしゃれなエレコムのMacbookAir持ち運び用パソコンケース、MINIO」の良いところざんねんなところをまとめてみました。

参考になりましたら幸いです。

ad