就職祝いをあげるときのマナーと相場と定番品から考える適切な品物

たまに贈る機会もある就職祝いは結構頭を悩ませるものです。冠婚葬祭は生活するうえで付き物ですが、マナーについて学ぶことはとても大変なことでしょう。

ad

就職祝いの相場と定番品

数ある冠婚葬祭の中でも、けっこう悩みの種となっている人が多いのが、就職祝いです。大体相場は五千円〜一万円前後と言われていますが、送る人との関係にもよりますので、何を送れば良いのかは正直人それぞれといったところのようです。

就職祝いの例で無難なものとしては、女性はアクセサリーや化粧品男性はネクタイやスーツがおすすめだといわれています。

このような就職祝いの商品は、社会人としての贈られた側の意識を高めるのに効果的なものですので、就職祝いとしてはおすすめです。

できるのであれば、あらかじめ本人の好みをそれとなく聞き出してから贈るのが、ネクタイや化粧品は好みが分かれることもあり、良いかもしれません。

万年筆やシステム手帳などでも、就職祝いの基本は一般的に役立つ商品を選ぶことですので、おすすめのお祝い商品だといえるでしょう。

就職先から考える就職祝い

もしも、就職祝いを贈る相手の就業先の情報を得ているのであれば、就職してから仕事で使える商品をお祝いにあげることができます。

ひとつ方法としては、過去に自分が就職する時に欲しかった商品をお祝いにあげるというのも手です。

ちなみに、印鑑を就職祝いに贈るのは、親しい間柄のみと一般的にはされていると言われています。

ad

高価すぎるお祝いはさける

就職祝いにあまり堅苦しいマナーはありませんが、贈られる相手と自分の立場を考慮し、悪い意味で驚かれないような、就職祝いの商品を選ぶようにしたいものです。

また、就職祝いはお返しをしない事が通例ですので、あまりに高額のお祝いはもらう側が恐縮してしまい、かえって気を使わせていまうかもしれません。

相手がありがたく受け取れる程度の金額または品物にしておく事が望ましいでしょう。ただし、目上の人(先輩など)にお金をあげるのは失礼ともされていますので、十分に気をつけてください。

プレゼントは相手の事をどれだけ考えたかが伝わりますので、心を込めて考えたプレゼントならどんな物でもきっと喜んでもらえると思います。

ad