WORD(オフィスのワード)で数値の合計を簡単に計算する方法と使える関数一覧

WORD(マイクロソフトオフィスのワード)は文書作成のソフトですが、レポートなど様々な資料を作るときには、数字を入れた表などを使う事がよくあります。

そんな、難しい事がしたいわけではなく「ちょっと合計を出したい」なんて時があると思います。その計算のためにいちいち電卓出していませんか?

WORDの表内であれば簡単に合計を計算する事ができます。

WORDで簡単に合計を計算する方法

それでは早速、簡単に合計を計算する方法です。その方法は表内で関数を使います。

と言う事で、表を作成します。表内でないと今回の関数が使えるようになりません。

表を作成して選択した状態になると、新しく「表メニュー」が出てきます。

「レイアウト」タブに切り替えると「計算式」というメニューが出てきます。

合計を出したいセルにカーソルを合わせて、「計算式」を押すとポップアップウィンドウが開きます。

計算式に「=SUM(ABOVE)」と表示されています。これで「OK」すれば、選択しているセルに、上の列の合計が表示されます。

カッコ()の中で使える4つの値

今回は、上の列の合計を算出しましたが、もちろんそれ以外にも対応しています。

「=SUM(ABOVE)」の()の中を変更する事で横の行や、下の列にも変更する事ができます。

=SUM(ABOVE)選択セルの上の列を合計
=SUM(BELOW)選択セルの下の列を合計
=SUM(LEFT)選択セルの左の行を合計
=SUM(RIGHT)選択セルの右の行を合計

例えば、『=SUM(LEFT)』とすれば、挿入したセルの左の行の数値の合計を算出してくれます。

ちなみに、数値を変更した場合、合計を選択してF9キーを押せば結果が再計算されます。
ad

WORDで使う事ができる関数一覧

最後におまけで、WORDで使う事ができる関数の一覧です。

ABS数値の絶対値を返す
AND2つ以上の条件の全てに当てはまればTrueを返す
AVERAGE平均を返す
COUNT入力されているセルの数をカウントする
DEFINED式有効な場合はTrue、式が計算できなかった場合はFalseを返す
FALSE0を返す
IF条件によってTrueの場合、Falseの場合の値を返す
INT数値または式の整数部を返す
MAX最大値を返す
MIN最小値を返す
MOD割り算の剰余を返す
NOT論理式が False の場合にTrueを返す
OR論理式のどちらかがTrueの場合Trueを返す
PRODUCT値の積(掛け算)を返す
ROUND四捨五入し指定された桁数を返す
SIGN正/負の判定をする
SUM合計値を返す
TURE引数がtrueの場合は 1 をfalseの場合は 0 を返す

全部を使うことはあまり無いかもしれませんが、AVERAGE、MAX、MIN、そしてSUMぐらいは、パッとすぐに使えるようになると、書類作成の時間短縮にもなるので覚えておきたいですね。

ad