富士通FMVパソコンのシリーズ名の見分け方|アルファベット1文字と2文字の違い

富士通のパソコンFMVには、製品名の他に「AH」や「FH」などのシリーズ名が付いています。今回は、そのシリーズ名の見方を確認してみます。

ad

ビジネス用と個人用の違い

まずは、アルファベットが2文字の場合と2文字の場合がありますので、その違いについてですが、製品名の後ろにアルファベットが一文字の場合は、ビジネス使用モデルです。

アルファベット二文字の場合、後ろにHがつくシリーズは、家庭や個人で使うことを想定して作られているモデルで、HはHomeの頭文字を取ったものです。先頭の一文字目がシリーズをあらわしています。

シリーズ名の見分け方

ここからは、個人・家庭モデルとされている、後ろに”H”が付くシリーズで製品を確認してみます。

FHシリーズ

液晶と本体が一体となった一体型デスクトップタイプで、液晶サイズは27型や23型など大画面です。画像編集、イラスト制作、動画編集を行うクリエイティブ向けモデルやTV機能などを選択できるスタイリッシュなモデルなどがあります。

 

富士通 FMV ESPRIMO FH

DHシリーズ

いわゆる一般的なデスクトップパソコンで、本体が独立しているタイプです。セパレートタイプと言ったりします。高スペックタイプや本体がコンパクトなタイプなど、様々なタイプがあります。液晶ディスプレイは設置場所に合わせて好きなサイズが選択できるのが一体型にはないメリットです。

 

富士通 FMV ESPRIMO DH

AHシリーズ

A4サイズ(15.6型)のスタンダードノートパソコンパソコンです。キーボードにテンキーがついているものが多く、エントリーモデルからハイスペックまで、様々な種類があり一番多く使われているモデルです。

 

 

富士通 FMV LIFEBOOK AH

SHシリーズ

高速、堅牢、長時間が特徴の学生に向けられた13.3型ノートパソコンです。


富士通 FMV LIFEBOOK SH

UHシリーズ

13.3型モバイルノートパソコンのなかでも携帯性に優れ、世界最小クラスのコンパクトサイズと堅牢性を両立したモデルです。

 

富士通 FMV LIFEBOOK UH
また、このUHシリーズには、ノートスタイルからタブレットモード、スタンドモード、テントモードの4つのスタイルに切り替わることで様々なシーンに対応できる、13.3型コンバーチブルタイプもあります。

 

 

 

富士通 FMV LIFEBOOK UH

THシリーズ

家のリビングで使う事を想定して作られた15.6型モデルです。縦置きの充電スタンドに立てかけた状態でAIアシスタントの使用やHDMI出力が可能となっていたり、スリープからすぐに復帰するモダンスタンバイにも対応していたりします。

 

富士通 FMV LIFEBOOK TH

CHシリーズ

デザインと使いやすさにこだわった13.3型のホームモバイルノートタイプ。有機ELモデルを選択する事もできます。

 

 

富士通 FMV LIFEBOOK CH

QHシリーズ

10.1型のタブレットタイプモデルです。キーボードを接続すればノートパソコンとしても使えます。アウトドアから日常使用まで気軽に使える、防水・防塵と堅牢性を兼ね備えたタブレットです。

富士通 arrows Tab QH

アウトレットが断然お得

富士通FMVパソコンはのウェブショップには、アウトレット品がある事を知らない人もいるかもしれません。富士通パソコンを買うときは、断然アウトレット品がお得ですので、一度確認してみることをおすすめします。

富士通 WEB MART アウトレット

ad