Macのウィルス対策してますか?|有名なMac用ウィルス対策ソフト5つを価格比較してみた

Macの安全神話ははるか昔の話。今やMacだからと言って無防備では不安。ウィルス対策をしておいた方がいい時代になってしまいました。しかし、私の周りのMacユーザーの中で、ウィルス対策ソフトをちゃんと導入している人はごくわずか。いまだに「Macは大丈夫」という、根拠の無い自信を持っています。

広告

実際にmacのウィルスは存在する

MacはWindowsに比べてシェアが低いので、ただ「悪いことをする人が少ない」だけで、「ウィルスが無い」わけでは無いという事なんですけどね。現に2016年にはMacを狙ったランサムウェアが確認されています。

Mac OS X を狙う暗号化型ランサムウェアを初確認

ランサムウェアとは?

ランサムウェア(Ransomware)とは、「Ransom(身代金)」と「Software(ソフトウェア)」を組み合わせて作られた名称であり、コンピュータウィルスの一種です。

このウィルスに感染するとパソコン内に保存しているデータを勝手に暗号化されて使えない状態になったり、スマートフォンが操作不能になったりしてしまいます。また、感染した端末の中のファイルが暗号化されるのみではなく、その端末と接続された別のストレージも暗号化される場合もあります。
そして、その制限を解除するための身代金を要求する画面を表示させるというウイルスです。

警視庁サイバー犯罪対策プロジェクトより一部抜粋

もちろん、OSを最新にアップデートしたり、ファイヤーウォールを有効にしたり、Appstore以外からアプリをインストールしないなどの基本的な対策は必要にはなりますが、それ以外にもちゃんとウィルス対策をして、「Macなら大丈夫」という神話にいつまでも踊らされていてはいけません。

というか、ランサムウェアもそうですが、トロイの木馬にしろフィッシング詐欺にしろ「ウィルスにかかってからでは遅い」ので、「ウィルスにかからないように対策をとっておく」ことが大切ですね。

ちなみに、世界的に見ると2018年のOSシェア率のうちMacは13.75%程。10%を超えるのはここ数年のことだったかと思います。全体の約8割はWindowsユーザーなわけですから、そりゃ悪いひともたくさんいますよね。。。

Desktop Operating System Market Share Worldwide 2018

画像:http://gs.statcounter.com/

ちなみに、日本だとこんな感じ

Desktop Operating System Market Share Japan 2018

画像:http://gs.statcounter.com/

Mac人気高し!!びっくりですね。「スタバdeマックがおしゃれ」みたいな風潮もあるくらいですから。ブランド好きですね。

 

Advertisement

代表的なMacのウィルス対策ソフト5つ

さて、ではMacにウィルス対策ソフトを導入しようと思ったときに、どのソフトが一番良いのでしょうか。実際のところ、「動作が軽い・重い」「検知率が高い・低い」などの特徴はあるとはいえ、基本性能に大きな違いはありませんので「価格」で選ぶと言うこともアリだと思います。

ということで、日本でも知名度がありWindows版でも定評がある5つのウィルス対策ソフトをピックアップして価格の高い順に比較してみます。「いきなり購入するのはちょっと…」という場合でも、まずは無料体験版でお試しできるので安心ですね。(価格は2018/11/15現在です)

5位|ノートン(シマンテック)

天下のシマンテック社のノートンです。機能面が充実していることが特徴ですが、「動作が少し重め」「価格が高め」などのデメリットがあります。安心感を一番に求めるならノートンがいいでしょう。30日間の無料体験版もあります。

1年3台版:5,480円

【公式サイト】ノートン セキュリティ、PCもMacもスマホもこれ一本!

4位|ウィルスバスタークラウド(トレンドマイクロ)

こちらも天下のトレンドマイクロ社がリリースしているウィルス対策ソフト。機能面・動作面でも評判は良いです。国内販売数No1だそうですが、パソコンを購入したときに「ウィルスバスターの30日体験版」がおまけで付いている事が多いので、必然的にNo1になるんじゃないかって思います。30日間の無料体験版あり。

1年3台版:5,380円

【公式サイト】ウイルスバスター クラウドでセキュリティ対策!

3位|ESETパーソナルセキュリティ(キャノンITソリューションズ)

動作が軽いと評判のウィルス対策ソフト。だからと言って決して性能が劣ると言う事はありません。口コミを見ていても、特に「動作の軽さ」に関しての口コミが多いです。そして、このソフトの販売はChatWork社がやっているということもあって、ブランドイメージは良いですね。30日間の無料体験版あり。

1年1台版:4,880円

【公式サイト】未知のウイルスへの対応力が違います。「ESETセキュリティソフト」

2位|カスペルスキーセキュリティ(カスペルスキー)

モスクワに本社があるセキュリティ会社が作っているウィルス対策ソフト。防御力には定評があります。ちなみに以前私が働いていた会社では全てのPCにカスペルスキーが導入されていました。特にビジネスシーンでの需要が高いことが信頼性を表していますね。30日間の無料体験版あり。

1年1台版:3,980円

【公式サイト】【カスペルスキー】30日無料体験版はこちら

1位|ZEROウィルスセキュリティ(ソースネクスト)

「更新料が0円」でおなじみ、ソースネクストのウィルスセキュリティZEROです。機能だけを見ると他に見劣りする部分はありますが、何と言っても価格の安さと更新料0円が魅力です。とりあえず1年間様子を見るつもりで使ってみる価値は十分にあると思います。安さで言ったらソースネクストのZEROウィルスセキュリティが断然ですね!

1台用で1,680円(更新料無料)

【公式サイト】更新料無料のZEROウィルスセキュリティ

Advertisement

無料のウィルス対策ソフトじゃダメ?

無料のソフトもいくつかあります。一番有名な無料ウィルス対策ソフトはAvastでしょうか。Avastであれば無料版でもある程度の評価があって良いのですが、正直なところ無料プランでは気休め程度にしかなりません。できれば有料版(1年間4,480円)にしたいところです。30日間の無料体験版があるので、とりあえず使ってみるもの良いでしょう。

Avastは以下のリンクからの購入で20%OFFになります

【アバスト】30日間無料体験版、返金保証付き


その他の無料ウィルス対策ソフトはあまりオススメできません。理由はこちら。

×機能制限が多く、無料では実質的には大して役に立たない。

×広告が表示される。

×海外ソフトだと基本的に全て英語。

×ひどいケースだとウィルス対策ソフト事態にマルウェアが潜まれている。

実は以前、Safariで普通にネットサーフィンをしていただけで、こんな場面に遭遇したことがありました。犯人は、無料の海外製ソフトでした。

 

ドロ蜂の綴り

先日、Macのsafariで普通にネット [?][…]

 

ぜひ、ウィルスに感染する前にウィルス対策をしておきましょう!

広告