WindowsのショートカットとMacのエイリアスは同じようでも共用できなかった

WindowsのショートカットとMacのエイリアスは同じようでも共用できなかった

WindowsとMacと両方使っています。NASもあります。で、 NASにWindowsで作ったExcelファイルがありましてですね、それのショートカットをNASのアクセスしやすいフォルダに設置したんですね。で、MacでWindowsで作ったショートカットからファイルにアクセスしようと思ったら出来ないんですね。

そもそもアイコンがちゃんと表示されない

Windowsで作ったショートカットをWindowsで見ると、こんなアイコン

一方、このWindowsで作ったショートカットをMacから見てみるとこんなアイコン。「.lnk」となっていて不明なファイルのようになってしまいます。

なので、もちろんファイルを開くことができません。

 

 

同じファイル(今回の場合はEXCEL)でも、Macで作ったエイリアスをMacで見るとちゃんと表示されます(当たり前だって)。

で、今度はこれをWindowsで見てみるとこんなアイコンになります。

当然ですが、これまた開くことはできません。

 

Advertisement

同じ機能じゃないのかな?

Windowsのショートカット

Mac(UNIX)のエイリアス

どちらも元のファイルにアクセスしやすいように、リンクを作っておくっていう機能はおんなじことですよね?だからWindowsでもMacでも、どちらからでも使えるようにしたかったんですよね。。。

 

結論:諦める

なんとかならないのかとGoolge先生に聞いて見ましたが、今回ばかりは良い解決方法が見つかりません。

そもそもOSが違う以上、こればっかりはもうどうしようも無いんですね。

なので、残念ですが諦めてWindowsのショートカットとMacのエイリアスを同じ階層に置いといて、必要に応じて使い分けることにしました。

元になるファイルはおんなじなので、ショートカットとエイリアスに分かれていても、閲覧したり編集したりしても特に問題にはならないです。

 

ショートカット・エイリアスを一瞬で作る方法

せっかくなので、最後にちょっと便利なプチ情報を載せておきます。もし、知らない人がいたら便利なので、これを機に覚えておくと良いですよ。

Macでエイリアスを一瞬で作るショートカットキー

Command + L

で一瞬にしてエイリアスが作成されます。

 

Advertisement

Windowsで、ショートカットを任意の場所に一瞬で作る方法

基本的に右クリックでショートカットを作ることが多いと思いますが、Altキーを押しながら、ショートカットを作りたいファイルを作りたい場所へドラッグすると、「○○にリンクを作成」と表示され、そこでドロップすると、瞬時にショートカットを作りたい場所に作ることができます。

よかったら使ってみてくださいね。