サトシ・ナカモトって誰?

「サトシ・ナカモト」っていう人の名前は聞いたことがあるでしょうか?ビットコインの最小単位(satoshi)にもなっていて、ビットコインの生みの親と言われているサトシ・ナカモト。その正体は謎に包まれています。。。

ビットコインの生みの親

ビットコインは2008年11月に「Bitcoin~A Peer-to-Peer Electronic Cash System」という論文が発表されたことにより誕生しました。

この論文を発表したのが「サトシ・ナカモト」という人物です。

 

サトシ・ナカモトの正体

しかし、ビットコインが誕生して間も無く10年が経とうとしている2018年6月になった現在でも、その正体は全くわかっていません

国籍

年齢

居住地

等、何も明らかにされていません。

そもそも、サトシ・ナカモトと名乗る人物が個人ではなく、数名の団体だという可能性すら考えられています。

 

サトシ・ナカモトの正体を探る人たち

何も明らかにされていない「サトシ・ナカモト」と名乗る人物(団体?)ですが、「だれがサトシ・ナカモトなのか?」を探る本人探しは今でも続いています。

例えば、

  • ビットコインのフォーラムに投稿された記事の時間帯をグラフ化して、住んでいる地域を割り出そうとする人
  • 「自分がサトシ・ナカモトだ」と名乗り出る人

などもいますが、未だに真実は明らかになっておらず、情報が錯綜しているのが現実です。

 

ちなみに、サトシ・ナカモトは、100万ビットコイン(1BTCが100万円だとしたら、約1,000億円!)を所有していると言われています。

 

ビットコインの最小単位

ビットコインの最小単位は「Satoshi」という単位が使われていて、1Satoshiは10億分の1BTCです。桁が違いすぎて、意味がわからないですね。。。この「Satoshi」という単位は、普段の取引ではほとんど使うことはないと思いますので、「Satoshi」というのはビットコインの最小単位と覚えておいてください。

例えば、

1BTCの価格が日本円で100万円の場合

1satoshiは0.01円です。

※現状では546Satoshi以下の支払いはdustと呼ばれ承認されません。