仮想通貨が株・為替より、毎日忙しいサラリーマンに向いている理由

仮想通貨は毎日が忙しいサラリーマンのみなさんにとって、投資しやすいという特徴があります。それはなぜでしょうか。

ad

その1:24時間365日取引できる

仮想通貨取引の特徴といえば、何と言っても24時間365日取引ができるということがあげられます。

株であれば月曜から金曜の9時から15時まで(時間外もありますが)、為替であれば月曜から土曜までしか取引ができません。

さらに中央集権型の宿命で、日本であれば正月やお盆、海外であればクリスマスなどの期間は東証やナスダックなどが休暇になってしまいますので、何もできなくなってしまいます。

 

一方、仮想通貨は24時間365日いつでも取引可能です。

平日の夜中でも、日曜でも、盆暮れ正月も一切問わず取引ができてしまいます。これも分散管理システムの恩恵といえますね。

その2:少額から試せる

サラリーマンの方で「お金が余っちゃってしょうがない」なんて人はごくわずかでしょう。ほとんど多くサラリーマンのみなさんは、投資をするにしてもお小遣いなどの限られたお金の中で運用していくケースが多いと思います。

そのお小遣いも毎日のランチや嗜好品に使うことを考えると、なかなか大きな金額をつぎ込むことは現実的に難しいと思います。

しかし、仮想通貨は取引の単位幅が広く、とても小さな金額からお試し的に投資をすることができます。

 

ここでは、ビットコインを例に考えてみましょう。

1ビットコインが700000円だったと仮定します(ビットコインの単位はBTCと表記します)。

ビットコインの取引可能な最小単位最小単位は取引所によって違いますが、GMOコインの場合は0.0001BTCです。

700000円の10000分の1、つまり70円で購入可能です。さすがにそこまで少額で購入するケースは無いとは思いますが、

0.001BTCであれば700円

0.01BTCであれば7000円

で仮想通貨投資をスタートすることができるのです。

このくらいの金額なら、お小遣いの中でも無理なく始めることができますね。少額から始める事ができるのも、仮想通貨ならではです。

ad