iPhoneのロック解除ができない!AppleIDを削除したい!そんな時に役立つソフト|AnyUnlock

iPhoneのロックが解除できなくなってしまった!

事情によってAppleIDを削除したい!

そんなときに解決できるかもしれないソフト「AnyUnlock」を紹介します。

ad

AnyUnlockでできる事

例えば、下記のようなケースで「iPhoneのロックが解除できなくなってしまった」という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

  • iPhoneのパスコードを忘れた
  • パスコードを何度も間違えてロックされてしまった
  • 中古のiPhoneを買ったけどロックされている
  • iPhoneの画面が割れてロック解除できない
  • faceIDが使えない

こんな時に「AnyUnlock」を使う事で解決できる可能性があります。

 

また、「AnyUnlock」では、画面のロックだけでなくこんな困ったを解決できます。

  • AppleIDを削除したい
  • iPhoneで管理しているパスワードを確認したい
  • スクリーンタイムのパスコードを解除したい
  • 暗号化されたiTunesバックアップのパスワード復元・暗号化の解除がしたい

本当は使わなければいけないような事にならないのが一番いいですけど。もしもの時に「こういうソフトがある」という事を知っているだけでも、安心できますね。

AnyUnlockの画面確認

それでは、AnyUnlockのインターフェースについて確認しておきます。

起動時の画面

起動時の画面はこちらです。ここから、それぞれの項目に進んでいきます。

 

AppleIDを削除

なんらかの事情でAppleIDを削除しなければならない時は、この機能を使います。

AnyUnlockを使ってAppleIDを削除するにあたって、大切な注意事項が公式サイトに記載されていますので、実行する前に確認しておきましょう。

Apple IDを解除後、デバイスのコンテンツと設定を消去したり、iTunesを使って復元したりしないでください。消去や復元すると、再起動後にデバイスをアクティブ化するには元のAppleIDが必要のため、AnyUnlock経由でApple IDを再度削除することができません。ご了承ください。

Apple IDのロックを解除する方法

 

画面ロックを解除

なんらかの事情で、ロック画面が解除できなくなってしまった場合は、この機能を使います。

 

iOSパスワード管理

iPhoneに保存しているパスワードを管理したい時には、この機能を使います。

実際に操作してみた感じを、この記事の後半に記載しています。

 

iTunesバックアップの暗号化を解除

iTunesのバックアップパスワードを忘れた場合には、この機能を使います。

 

スクリーンタイムのパスコードを解除

スクリーンタイムのパスコードを忘れてしまった場合などには、この機能を使います。

iPhoneのスクリーンタイム・パスコードを忘れた時の復元方法

スクリーンタイムとは

WEBやアプリの使用時間などの統計をとり、iPhoneの1日あたりの使用時間を制限することができる機能です。親御さんがお子さんの使用を制限したり、設定を変更できないようにパスワードをかけておくことができます。

iTunesバックアップのパスワードを復元

iTunesのバックアップパスワードを復元したい時にはこの機能を使います。

 

どの画面もわかりやすいインターフェースです

どの画面でもとても見やすいインターフェース(画面表示)ですので、操作に迷うことなく使う事ができそうです。

そしてどの画面でも、基本的に操作手順は次の3つです。

  1. AnyUnlockを起動する
  2. iPhoneをパソコンと接続する
  3. AnyUnlockの操作を実行する

シンプルでわかりやすいので、パソコン操作に慣れていない方でも使うことができるのではないでしょうか。

iPhoneに保存されているパスワードを確認してみた

色々なサイトやメールアドレスをiPhoneで使っているので、数多くのパスワードが保存されています。そこで、AnyUnlockを使って実際にどんな記録が残っているのか、検証してみました。

メニュー画面から「iOSパスワード管理」を選択します。

 

iOSパスワード管理の画面はこんな感じです。

「ご注意」に記載されている内容を確認して、「スキャン」に進みます。

デバイスに保存されているアカウントとパスワードを復元する前に、デバイスを暗号化してバックアップする必要があります。今すぐスキャンしますか?

と聞かれるので、「OK」に進みます。

続けて、バックアップするためのパスワードを入力します。このパスワードは特になんでも大丈夫なようです。あとでパスワードを聞かれることがあることを想定して、私はシンプルな数字4桁を入力しました。

すると、iPhone側でロック解除をするように求められます。

パスコードを入力して、ロック画面を解除するとすぐにデバイス(iPhone)のデータバックアップが始まりました。

「データをバックアップ中、少々お待ちください」と言う画面になります。

しばらくして、「解析中、少々お待ちください」と表示されてパスワードの解析が始まります。

2~3分待った頃でしょうか。解析が終わり、デバイス(iPhone)に管理されているパスワードが一覧となって表示されました。

 

今まで接続したことのあるWi-Fiアクセスポイント

 

ウェブサイトやアプリで登録してあるアカウントのIDとパスワード

 

メールアカウントの情報も抽出されました。

 

実は、AnyUnlockの無料版で操作できるのはここまでで、パスワードを確認したいと思ったら、ライセンスを購入する必要があります。
パスワードを確認しようと思ったら、ライセンス認証を求められました。
iPhone上で登録していあるパスワードなどは確認することもできますが、AnyUnlockの良いところはパスワードを出力できるというところです。

 

無料版と有料版の違い

では、無料版と有料版とでは、使う事ができる機能にどの程度の差があるのでしょうか。

一覧表を見てみるとこんな風になっています。

AppleIDの削除や、画面ロック解除には有料版(ライセンス購入)が必要になります。

今回、とりあえず無料版でデバイス(iPhone)で管理しているパスワードを確認してみましたが、操作感や読み込みに関しては問題なく使えそうです。

後は、AppleIDを削除しなければならない状況、または画面ロックを解除できなくなってしまった場合など、実際に試してみないとわからないところはありますが、操作自体は簡単にできそうでした。

AnyUnlockのインストール方法

それでは最後に、AnyUnlockのインストール方法を説明します。

こちらのAnyUnlockの公式サイトへ行き、無料ダウンロードへ進みます。

ダウンロードしたインストーラー(anyunlock-iphone-password-unlocker-jp-setup.exe)をダブルクリックして実行します。

するとインストーラーが起動しますので、ライセンス契約に目を通して左下チェックボックスにチェックを入れてからインストールに進みます。

インストールするフォルダを指定したい時は、右下の「インストールパスを変更」をクリックすると変更することができるようになります。基本的には特に変更する必要はないと思います。

・・・

インストール中

・・・

インストールが完了したら、開始をクリックするとAnyUnlockが起動します。

最初、インターネットブラウザが開いて、iMobieのサイトが表示されるかもしれませんが、びっくりしないでください。有料ライセンス購入への誘導なので、まずは気にせず閉じてしまって大丈夫です。
という事で、今回はiPhoneの困ったを解決できるかもしれないソフト「AnyUnlock」を紹介しました。できれば使わなくて済むに越したことはないですが、もしもの時は「AnyUnlock」の力を借りて、サクッと解決してしまいたいですね。
ad