新しいパソコンに今と同じ環境が簡単に作れるPCデータ移行ソフト|EaseUS Todo PCTrans

新しいパソコンを買ったのは良いけど、今まで便利に使っていたパソコンと同じ環境を作ることって、実は結構めんどくさかったりします。新しいパソコンの最初のセットアップを完了したぐらいなら、ワクワクして楽しみが広がりますが、いくつものアプリをインストールしなおしたり、細かな設定を行ったりしていると、「あぁ、これもやらなきゃ」と思ってしまうこともしばしば。

そこで今回は、パソコンのデータ移行が簡単にできる便利なソフトを紹介します。「EaseUS Todo PCTrans」です。このソフトがあれば、新しいパソコンに今までと同じ環境がそっくりそのまま簡単に移行ができます。

ad

データ移行ソフトTodo PCTransとは

この「EaseUS Todo PCTrans」では、今まで使っていたパソコンの環境をそっくりそのまま別のパソコンに移行できるソフトで、しかもアプリやデータだけではなくて、アカウントの設定までも簡単に移行できるという優れもののデータ移行ソフトす。

この「EaseUS Todo PCTrans」があれば、新しいパソコンでのセットアップが楽になりますね。また、「EaseUS Todo PCTrans」には無料版もありますので、手軽に試すことができるところも高ポイントです。

Todo PCTransでできること

それでは、「EaseUS Todo PCTrans」の画面を見ながら、何ができるのかを確認してみます。データの転送方式が3種類ありますので、転送方法に合わせて操作画面も切り替わります。

 PCからPCへ

これは、同じネットワーク内でのデータ移行です。同じネットワーク内につながっている2台のパソコンを、wifiやLANを経由してデータの移行ができるシステムです。

データ移行ですので、それなりに大きなファイルになります。安定して接続できる環境、wifiであれば高速通信ができる環境で実行したほうが良いかと思います。

 

イメージ転送

これは、古いパソコンでイメージファイルを作成して、それを新しいパソコンに移行する方法。

イメージファイルを作成するので、それなりに容量の大きな外付けHDDなどが必要になります。

アプリの移行

これは、同じパソコン内での別ディスクへのデータ移行です。

アプリだけを移行する時は便利そうですが、あまり使う機会はなさそうな気もします。どうでしょうか。

その他の機能

その他にもクリーンアップ系の機能が2つあります。

システムクリーンアップ

システムディスク(通常はCドライブ)のクリーンアップもできます。ジャンクファイルや知らず知らずに溜まってしまった不要なファイルを削除して、ディスクをすっきりすることができます。

 

大容量ファイルクリーンアップ

システムディスク(通常はCドライブ)だけでなく、接続されているディスクに保存されている、容量の大きなファイルのクリーンアップもできます。無駄なファイルがあればどんどん消してしまいたいですね。

 

アップデートやサポートも受けられる

右上の▽マークをクリックすると、メニューが出てきます。ここでソフトのアップデートやオンラインヘルプの参照、テクニカルサポートなどを受けることができます。

 

それでは、実際に「EaseUS Todo PCTrans」を使ってみます。

転送元でのTodo PCTransの操作

実際に「EaseUS Todo PCTrans」を使ってデータ移行を試してみました。「ネットワークでのデータ移行」にもとても興味があるのですが、一番確実にデータ移行ができそうな「イメージ転送」を使ってみます。

 

今回は実際に手元のパソコンで検証した結果をお伝えしていますが、全ての方のデータ移行を保証するものではありません。あくまで参考としてください。
EaseUS Todo PCTrans」を起動したら、「イメージ転送」を選択します。

 

続けて、「イメージを作成」へ進みます。

 

イメージファイル作成画面になります。イメージ名はデフォルトで「年月日時刻」になるようです。保存場所と合わせて、必要に応じて変更しましょう。

 

バックアップをする項目を選んでいきます。アプリ・ファイル・アカウントとそれぞれ細かく内容の確認ができます。

 

アプリの編集画面です。私の場合は「55個のアプリ」が対象となっていましたが、要らないゲームやあまり使うことがなくて後からでも簡単に追加できるフリーソフトなど、必要のないアプリは全てチェックを外しました

 

転送するファイルも選択できます。ここでも特に必要のないドライブやファイルなどは外しておきました。

 

画面右上の「移行設定」を開くと、さらに細かく設定ができます。

 

転送するアカウントやデータも選べます。

 

アカウントにパスワードがかかっていると、認証のために入力を求められます。

 

アカウント画面でも右上の「移行設定」を開けば詳細設定ができます。

 

一通り設定が終わったら、「作成」ボタンを押して、イメージファイルの作成を始めます。

 

「アカウントデータ → アプリ → ファイル」の順番でイメージファイルへデータ転送を行っていきます。

画面右上に「残り時間」が表示されますが、増えたり減ったりしますので、なかなか時間通りには進みません。これはこのアプリに限らずある程度やむをえないところかと思いますので、参考程度にしておきましょう。

作成されたイメージファイルはこちら。「.PCT」という拡張子のファイルが作成されました

イメージファイルの作成は、使っているパソコンの環境によっていファイルの容量が異なります。容量の大きなパソコンを使っていれば、イメージファイルの容量も大きくなってしまいます。

今回実際にイメージファイルを作成してみたところ、約50 GBという大きなデータになりましたので、イメージファイルの保存先には、容量に余裕のある外付けHDDなどが良いかと思います。

転送先でのTodo PCTransの操作

それでは今度は転送先(新しいパソコンなど)での操作を確認してみます。転送先のパソコンでもTodo PCTransのインストールが必要です。あらかじめはインストールが終わっている状態です。

イメージ転送画面を開きます。

 

今度は、「イメージファイルから復元」に進みます。

 

対象となるイメージファイルを選択する画面になりますので、作成したファイルを指定して、復元に進みます。

 

転送する項目が選べます。今回は丸ごと転送してみたいと思います。

 

転送が始まります、「アカウント → アプリ → ファイル」の順番で転送されていきます。

 

それなりに時間がかかりましたが、無事に転送が終わったようです。

 

再起動を求められますので、再起動します。

 

再起動後、今まで使っていたアカウントでログインをしてから確認したところ、確かにアカウントが追加されていましたので、切り替えてみました。

 

ログイン時にパスワードを求められたので、今まで使っていたパスワードを入力してみたところ、ちゃんとログインすることができました。

 

アカウント情報もちゃんと移行されているようです。

 

デスクトップのファイル、ドキュメントのファイル、アプリなどちゃんと移行されています。

 

そして、とても気になっていたことの一つに「以前使っていたアプリのライセンス認証はどうなるのか?」ということがありました。そこで早速、マイクロソフトオフィスを起動してみました。

するとインストーラーが起動し、その後間も無くライセンス認証され、使用可能となりました

 

すごいですね。ちょっと感動しました。

 

ということで、ファイルサイズが大きく、それなりに時間はかかりましたが、想像していた以上にはるかに楽にパソコンのデータ移行ができました(ライセンス認証までされたのには驚きました)。

ここまで移行してもらえれば、あとは新しいパソコンをに使いながら、必要に応じて細かな設定で対応していけば大丈夫です。これでパソコンの移行作業がとっても楽にできますね。

 

システムクリーンアップ

システムのクリーンアップ機能もついていますので、試してみました。

 

スキャンの結果、これだけのファイルがジャンクファイルとして検出されました。

 

右側のノートのような小さなアイコンをクリックすると、ファイルの詳細も確認できます。

 

ざっと目を通してみましたが、問題なさそうなのでそのまま削除してしまいました。

 

数分でファイルの削除が完了しました。

 

大容量ファイルクリーンアップ

大容量ファイルクリーンアップ機能というものも、試してみました。

 

スキャン中…。数分待ちます。

 

スキャンをした結果、ファイルサイズの大きなファイルが検出されて、ファイルサイズの大きい順で表示されました。

 

このクリーンアップは、ジャンクファイルや不要なファイルが検出されるわけではなくて、単純に容量の大きなファイルが検出される仕組みのようです。

今回検証してみた限りでは、検出された一番小さなデータが20MBでした

右側の「見る」のところにあるカメラのようなアイコンをクリックすると、そのファイルが保存されているフォルダが表示されて確認できるようになっていました。

ファイルを確認して不要だったら、ファイル名の左側にチェックを入れて、右上の削除ボタンで削除されます。「全てまとめて選択」はできませんので、対象のファイルを一つずつ確認しながらチェックをして削除することになります。

今回、約800MBのMP4(動画)ファイルを削除してみましたが、ほんの一瞬で削除されました。ちなみに、ゴミ箱に入るのではなくて、完全に削除されてしまいますので、十分に注意してから削除するようにしてください

Todo PCTransのダウンロードとインストール

それでは、「EaseUS Todo PCTrans」を使ってみようと思われた方のために、ダウンロードとインストール方法を説明します。

EaseUS Todo PCTrans」をダウンロードします。こちらの公式サイトから無料でダウンロードできます。

 

こんなアイコンのexeファイルがダウンロードされます。

 

このexeファイルを実行すると、アプリ本体のインストーラーのダウンロードとインストールが始まります。

「後述の条項に同意するとします」にチェックを入れて、このまま「今すぐインストールする>」に進んでも構いませんし、右下のカスタムインストールを開くと、言語やインストール先が選べます。

 

カスタムインストールの項目は、デフォルトではこの状態でした。私は「カスタマーエクスペリエンス向上プログラム協力に同意する」のチェックを外してからインストールしました。気持ちの問題なのですが、この手のチェックは大体いつも外しています

 

「今すぐインストールする>」に進むと、インストーラー本体のダウンロードがはじまります。

 

続けて、インストールが自動で始まります。一見同じ画面ですが、下のステータス表示が「インストール中」に変わりました。

 

ほどなくしてインストールが完了しました。「今すぐ始める」に進みます。

 

インストールが終わった段階で、ブラウザで公式サイトが表示されました。さっと目を通してから、ブラウザを閉じました。

以上で、Todo PCTransのダウンロードとインストールが完了しました。注意点として、データ移行をする場合に、この作業は移行元のパソコンと移行先のパソコンの2台で必要になります。

 

ということで、今回はパソコンのデータ移行が簡単にできるPCデータ移行ソフト「EaseUS Todo PCTrans」を紹介しました。ぜひこのソフトを有効活用して、少しでも手間を減らして、手軽にパソコンのデータ移行をしてください。

無料版もあります

ちなみに、「EaseUS Todo PCTrans」には無料版もありますが、下記の通り機能制限があります。

正直なところ、実質的に無料版で全ての移行を完了させることは厳しいかと思います。私は有料版を使いました。自分で一つずつ移行する手間と時間を考えたら、3980円なら全然高くないと思います。

まずは無料版でお試しをしてみて、良さそうだったら有料版に切り替えるのが良いでしょう。

ad