パーティション管理ソフトEaseUS Partition Masterは、無料で使える多機能ソフトだった

コマンド操作をしなくても、パーティションを思いのままにGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)で操作できる「EaseUS Partition Master」が便利すぎます。

いろんな機能がいっぱいセットになっていて、パーティション管理だけじゃなく、まもなく使えなくなるWindows7からWindows10へのOSの移行、データ消去、その他ディスクのトラブル対応等いろいろなシーンで活躍してくれます。

そして何より、無料版があるので、気軽にお試しできますね。

EaseUS Partition Masterの公式ページはこちら

ad

Partition Masterの基本機能

まずはPartition Masterでできる基本機能の確認です。無料版で下記の操作が可能です。

  • パーティションの合併
  • 分割
  • 拡張
  • チェック
  • 修復
  • フォーマット
  • 削除

 

さらに、その他にも

  • データの完全消去
  • キャッシュやジャンクファイルのクリア

などもできてしまいます。有料版を使わなくてもだいたいの事には対応できますね。

 

画像:公式サイトより

 

有料版になると、

  • ダイナミックディスクの編集
  • GPT・MBRのシステムディスクにおける相互変換
  • ダイナミックボリュームのサイズ変更
  • パーティションリカバリー

などなど、普段あまり使うことがないようなニッチな作業を中心に、さらにたくさんの事ができるようになります。

 

GPT・MBRの変換なんて、なかなか必要になるケースは無いと思いますが、今後扱うディスクサイズが大きくなってくれば必要なケースも出てくるかもしれませんので、「こういう事もできる」という事を知っておくことは大事だと思います。

 

MBR(Master Boot Reecord)とは、長い間使われているずっと前からあるパーティション形式です。扱えるディスク容量が2TBまで、パーティションが4つまで対応といった制限があります。

 

GPT(Globally Unique IDentifier Partition Table→GUIDパーティションテーブル)とは、新しいパーティション形式で、扱えるディスク容量の上限が8.5ZB(85億TB→もう意味が分かりません)、パーティションが128個に分けられるという特徴があります。

 

ad

 

Partition Masterのパーティション管理画面が使いやすい

パーティション操作はWindowsの標準機能でもある程度はできますが、画面のわかりやすさ・操作の簡単さが圧倒的に違います。

Windowsの標準機能では、Windows10になった今でもWindowsXPより以前のような昔ながらのGUIで、正直操作もわかりにくいです。

 

 

それが、EaseUS Partition Masterではこんな画面になっていて、マウス操作でパーティションを自在に操れます。

 

 

ad

 

Partition Masterでできるサーフェステストって何だ?

あまり聞きなれないサーフェステストなるメニューがありましたので、実行してみました。

 

 

サーフェステストとは、ディスクのサーフェス(表面)をスキャンして不良セクタをチェックします。

 

試しにサーフェステストをしてみましたが、特に問題は見つかりませんでした。

 

サーフェステスト完了画面

 

 

Partition Masterは外付けディスクにも対応している

 

Partition Masterは内臓ハードディスク・SSDだけじゃなくて、外付けハードディスクやUSBメモリなども同様の操作ができることも良いですね。

画像:公式サイトより

 

自分の手持ちで、下記のようなエラーメッセージが出るUSBメモリがあったので、パーティションチェックをしてみました。

 

USBメモリの場合、右クリックメニューで「ファイルシステムを確認する」という項目があります。これでスキャン+チェックディスクを実行するようです。

 

 

「エラーが見つかったら修正する」にチェックを入れて、ファイルシステムの確認を実行しました。

 

チェック中・・・

 

4GBのUSBメモリでしたが実行時間はほんの数秒でした。

 

無地に終了して自動でスキャン&修正を実行してくれたようです。その後、USBメモリを使っても上記のエラーメッセージは出なくなりました。

 

ad

 

Partition Masterは重要な操作はすぐに実行しない

 

パーティションの移動やMBR再構築などの操作を実行する場合、それらの操作は左上実行メニューに一旦ストックされます。

その後、改めて実行するようになっています。重要な操作は何回も何回も確認してくれていいんです。すぐに実行されないので、誤操作防止に役立ちますね。

 

 

Partition Masterその他の特徴的な機能

その他にもEaseUS Partition Masterの特徴がありますので、いくつかピックアップしてみます。

容量の小さいディスクにOSの移行ができる

なんとこのEaseUS Partition Masterですと、現状より容量の小さいディスクにOSの移行ができるというのです。通常、OSの移行では、移行先のディスク容量が現状と同じか、より大きいサイズでないと移行できない仕組みになっていますが、このEaseUS Partition Masterだとできてしまうんですね。すごいです。

 

 

Partition MasterのOS移行機能

Partition Masterで次のようなOS移行のシチュエーションで役に立ちます。
1.OSをHDDからSSDに移行する
2.OSをHDDからHDDに移行する
3.OSをSSDからHDDに移行する
4.OSをSSDからSSDに移行する
5.OSをディスクから容量のもっと小さいディスクに移行する

EaseUS Partition Masterの公式ページより

 

ad

 

パーティション単位でクローンができる

パーティション単位でクローンを作成することができます。

Partition Masterでパーティション・ディスクをクローンするなら、ディスクに存在するセクターを1つずつクローンすることができます。クローンした後、クローン先はクローン元とデータ及びデータ構成が完全に一致することができます。

EaseUS Partition Masterの公式ページより

 

ディスクのクリーンアップや最適化ができる

ツールメニューから最適化を選ぶと、ディスクのクリーンアップや最適化ができます。

 

「クリーンアップと最適化」の中のメニューは3つ

 

ジャンクファイルクリーンを選ぶと、ジャンクファイルだけでなく、ブラウザのキャッシュ、アプリケーションの不要ファイルなどをまとめてお掃除してくれます。

Windowsの標準機能で備わっていますが、より緻密に、より分かりやすく実行できるというところが良いですね。

 

 

実に、できることが多すぎるくらい機能がてんこ盛りです。このEaseUS Partition Masterを持っていると、Windows7から10への移行や、「パソコンが遅くなった」「パソコンが起動しなくなった」などのトラブルの時に何かと使えますね。困ったときに大助かりのソフトです。

 

EaseUS Partition Masterの公式ページはこちら

広告