Googleアナリティクスの古いデータを消さない設定はたったの2手間!

Googleアナリティクスの古いデータを消さない設定はたったの2手間!

Googleから来ているメールをスルーしている人も多いかもしれませんね。でも、そのままスルーできない内容いなっているので気を付けましょう!

Googleアナリティクスのデータが消える!?

最初は2018年4月12日に、こんな英語のメールが届きました。

 

アナリティクスメールの途中まで(英語)

 

なんとなく、2018年5月25日に何かが起きるのかな?って程度であまり気にしていませんでした。しかしその後、4月18日に今度は日本語のメールが届きました。

 

アナリティクスメールの途中まで(日本語)

 

日本語のメールを見ても、「なんだろうな〜」っていまいちよくわからなかったのですが、アナリティクスにログインするとヘッダー部に青いバーが表示されていました。

 

とりあえず、右端の「詳細」をクリックしてみます。すると、サポートサイトのページが表示されました。

データの保持
Google アナリティクスのデータ保持コントロールを使用すると、保存されたユーザー単位やイベント単位のデータがアナリティクスのサーバーから自動的に削除されるまでの期間を設定できます。この設定は 2018 年 5 月 25 日以降有効になります。
Googleサポートページより一部引用

 

つまり、逆に言うと「2018年5月25日になると、設定している期間より古いデータは削除される」ってことでした。これは穏やかじゃないですねw。とりあえず、削除されるまでの期間が設定できるって言うことなので、同じページに書いていある方法に従って設定しました。

 

データを自動的に削除しない設定はたったの2手間

1:アナリティクスで「管理」→「アカウント設定」→「トラッキング情報」→「データ保持」と進みます。

 

 

2:遷移先ページに「ユーザーデータとイベントデータの保持」と言う項目があります。おそらくデフォルトは「26ヶ月」になっていると思うので、これを「自動的に期限切れにならない」にすればOKです。

以上で設定はおしまいです。

スルーしていた人は今すぐGoogleアナリティクスへ!

たった2手間でできるんですが、届いたメールだけだとその重要性がいまいちピンとこないので、なんとなくスルーしていましたが気がついて良かったです!

2018年5月25日以降は、何も設定していないと過去のデータが消えちゃうかもしれないので、消したくない人は早めに設定を変更しておきましょう!