KINGONEスタイラスペンレビュー|3,000円未満でAmazonで買えるApplePencilの代替え品?

Amazonで3,000円未満で購入できるタッチペン「KINGONEスタイラスペン」を購入しました。このKINGONEスタイラスペンの特徴をまとめ、レビューします。

KINGONEスタイラスペンが使える機種は?

私の手元にあるAndroidスマホ(Oppo)、iPhone11、iPad miniではどれでも問題なく使用できています。それぞれの機種にアンチグレアフィルムやガラスフィルムなどが貼り付けてありますが、使用に際してそれほど大きな問題はありません。

強いてあげるとすれば、フィルムがある分だけ、スタイラスペンの感度がやや悪いと感じるタイミングがあったり、細かいイラストを描いている時などに、ペン先との微妙なズレが気になる時がありますが、使っていくうちにある程度は慣れてくる範囲ではないかと思います。

下の動画はiPad miniでibis Paint Xで、お絵描きをしている様子です(やや早送りしています)。使用感など参考になれば幸いです。

 

KINGONEスタイラスペンの長さ、重さ

スタイラスペンの長さは実測で約165mm。重さは製品ページによると60gとなっています。実際手に持つと、その軽さに驚きました。

このスタイラスペンはペン先が細く、ApplePencilと同じ素材のペン先を使っているということです。遅延もなく、劣化もしずらいようです。またペン先を交換することができて、交換用のペン先が3つ付属しています。

そのほかの注意点

  1. 筆圧感知機能はついていません。
  2. パームリジェクション機能には対応していません。

 

本体にマグネットが入っている

使えるか使えないか、微妙なところですが、本体中央部分にマグネットが入っています。iPad miniの側面につけることができましたが、しっかり装着されるわけではないので、これで持ち運んだりは難しいでしょう。

 

KINGONEスタイラスペンの電源の入れ方

KINGONEのスタイラスペンの電源の入れ方は、ペンの上部をダブルタップします。電源をオフにするときは、もう一度ペン上部をダブルタップします。

Bluetoothなどで接続する必要はなく、電源をオンにすればすぐに使えるとことも良いと思います。充電は付属のUSBType-Cケーブルを使用します(付属のケーブルではなくても充電できます)。

充電の状態はLEDのインジゲーターで確認できます。充電用のUSBケーブル口にはカバー(シリコン?)がついています。

オートスタンバイ機能付きで自動でオフに

5分間使用しないと自動的に電源がキレるオートスタンバイ機能がついています。電源を切り忘れて放置しても電源がなくなるまで放電されることがなく安心です。

KINGONEスタイラスペンの付属品とパッケージ

KINGONEスタイラスペンの商品パッケージはこちらです。

付属品は製品マニュアル、充電用ケーブル(変換アダプタ)、交換用ペン先(3個)、充電コネクタカバー(1個)です。

 

KINGONEはどこの会社?

様々な方法で検索をしてみましたが、確証が持てるメーカー情報を探し当てることはできませんでした。似た様な名前の別の会社は出てきましたが、そこがこのスタイラスペンを販売しているKINGONEだという確証はありません。

Amazon製品ページを見る限り、タッチペンの販売を主力としている会社の様です。また、「KINGNOME専門店」の詳細を見ると、住所が中国の山西省となっていますので、おそらく中国のメーカーではないかと思います。

Amazonのレビューでは高評価がついているものが多いですし、私が使っている限りこれと言って不具合や支障はありませんが、中国製品が心配な方はElecomなど日本メーカー、またはApplePencilなどを購入した方が安心できるでしょう。

 

KINGONEスタイラスペンのまとめ

3,000円未満で購入できるスタイラスペンとしては、十分な性能ではないかと思います。欲を言うと、パームリジェクト未対応、筆圧感知機能がないなど、もっと機能が欲しいところですが、この価格でそこまで求めるのも違うかなと思います。

はじめてスタイラスペンを使ってみたい方、タブレットでイラストを描いてみたい方など、遊びで使う分には問題ないと思います。おそらくApplePencilと比較されることも多いと思いますが、価格も性能も全く違うので、単純な比較はしないほうが良さそうです。

ad