学生が就職活動を成功させるため、計画的にやるべき事は何か

学生にとって、生まれて初めての就職活動は、社会人になるためには必須のものといえど、何が正解の行動なのか見当もつかないという方もいるかもしれません

右も左もわからない状態で適当に就職活動をしても成功する事は難しいです。満足できる結果を引き寄せる為に、できる限りの準備はしておきましょう。

 

ad

面接で必ず聞かれる事

まず大事なことは、志望動機をきちんとまとめることです。採用面接では、ほぼ100%志望動機を聞かれます。簡潔にわかりやすくまとめておきましょう。

また、志望動機を考えるときには、応募企業について調べた上で、自分なりに考えたその企業の魅力を考えることも重要です。

企業の理念や特徴として打ち出している事が、「どうして自分にとって魅力的なのか」という事をしっかりと伝えましょう。

誰もが当たり前に考える事だけではなく、面接官の印象に残るコメントを残す事ができるとより良いですね。

就職担当の先生や就職活動を経験している先輩に志望動機に目を通してもらい、アドバイスをもらうのも良い方法です。

数多くの求人情報に触れる

数多くの求人情報に触れる事も大切です。目指す企業と同じ分野の他の企業の求人情報をみて、それぞれを比較してみる必要はあります。

また、他の分野の企業の求人情報に目を通して見る事もおすすめです。片寄った視点だけでなく、幅広い視野で俯瞰的に考える事が出来るようになります。

優先順位を付ける

応募する企業を吟味する時に大事なことは、自分の中で優先順位をつけておくことです。

就職活動では、給料が高く、有名な大会社で、福利厚生が充実していれば、どんな会社でもいいという考えの人もいます。

しかし、仕事の内容にモチベーションを抱くことができなければ、面接で話をしているうちに見透かされてしまうことがありますので、注意が必要です。

ad

自己分析をしておく

自己分析を行って、自分のいい点や弱点を把握し、効果的な自己PRができるようにしておきましょう。

良い点は大いにアピールすると良いですが、自分の弱点について質問をされる事も多いので、自分を客観的に分析した上で、改善すべき点があればどう捉えているかを話せるようにもしましょう。

面接のルールマナーを学んでおく

面接で話す内容や伝えたい事をしっかりとまとめておくだけではなく、面接のルール・マナーを身につけておくことがとても大切です。

むしろ、面接のルール・マナーが全然出来ていない様では、どんなにいい内容の話ができたとしても、決して良い結果には結びつかないでしょう。

ad