Y!mobile版iPhone6s(赤ロム)はsoftbank用のアクティベートSIMでOKだった話

けっこう安いイオシスで新品未開封のiPhone6s(32G)を買いました。しかもネットワーク制限が▲のやつ。いわゆる赤ロムってやつですね。お値段は35800円也。新品なのに他のキャリア版の中古品より1万円ぐらい安かったです。

広告

iPhone6sのアクティベート用SIM選び

ネット接続は手持ちのAndoroidでテザリングするんで問題あんまり気にしていないんですが、Y!mobile版のiPhone6sのアクティベートができるのかどうか不安はありました。

とりあえずアクティベート用SIMは必須になるので買わなければいけないんですが、そもそもY!mobile用っていうのは売っていないんですね。

まあ、Y!mobileはsoftbank回線を利用しているわけなので、きっとsoftbank用のアクティベートSIMでいけるだろうっていう算段はありました。ということでAmazonで買おうかなーって調べながら口コミもチェックしていたら案の定、Y!mobileもsoftbank用のSIMで大丈夫っていう声がありました。

と言うことで、購入したアクティベート用SIMはこちら。

最安値では無いんですが、口コミを見ていると安いのは不安定なようで、アクティベートできないなんて言う口コミも散見されます。ということで、比較的評価の安定している方しました。サイズも3種類に対応しているので、色々な機種に対応できますね。

 

 

あえてiPhone6sの赤ロムを選ぶ

今回はWiFi通信のみを考えているので、あえて赤ロムを選びました。赤ロムスマホは、SIMカードを利用した通信は出来ないけど、Wi-Fiでの通信は問題なし。SIMカードが使えないので、キャリアサービスとかキャリアアップデートが出来ないですけど、全く問題なし。iOSのアップデートは問題なく対応できます。

 

赤ロムとは、中古の携帯電話の端末を指す俗称の一種で、割賦販売で購入された端末が支払い完了の前に中古品として流通し、その後キャリアによって利用停止にされる端末のことである。

最近の(3Gなどの)携帯電話端末は、SIMカードによって電話番号情報を管理しているものがある。SIMカードを差すことで通話・通信などのサービスを利用可能とすることができる。しかし、代金不払いによりキャリアから強制的に利用停止にされた端末の場合、キャリアによって端末ごとロックを掛けられてしまい、SIMカードを抜き差ししても利用できない状態になることがある。そのような端末が赤ロムと呼ばれている。

weblio辞典より

 

なんせ、普通に白ロム買うよりはるかに安くGETできるので、用途によってはあえて赤ロムを選ぶと言う選択もありだと思います。

 

Advertisement

iPhone6sのアクティベート中

なんだかんだ言ってもアクティベート中は、やっぱり少し不安もあるのでドキドキです。

 

間も無く、アクティベーションが完了して、無事に設定が継続できました!アクティベーションできた時には、小さくガッツポーズです(^_^)b

 

 

iPhone6sはイオシスで買いました

ちなみに、届いたiPhone6sは新品未開封品なので当たり前ですがフィルムがついた状態のピカピカでした。もちろん動作も絶好調!iPhone6sなので世代的にはちょっと前ですが、全く問題なしのヌルサクで動きます。

中古品もそうですけど、型落ちの新品未開封iPhoneが安く手に入るので、最新じゃなきゃイヤだ!って人以外には十分満足できる買い物ができると思いますよ。

けっこう安いでおなじみの「イオシス」ならiPhoneだけじゃなくて、いろんなスマートフォンの中古品や未開封品がたくさん揃っていますので、興味があったら一度見てみてくださいね!

「イオシス」でスマートフォンを見るにはこちら

広告