ExcelVBAのパスワード解除は簡単にできた!

ExcelVBAのパスワードって簡単に解除できちゃうんですね!びっくりしました。備忘録も兼ねて書いておきます。

※この記事では、実際に私がVBAパスワードの解除をするために参考にさせてもらった記事へリンクを掲載しています。

ad

VBAパスワードを解除する必要にせまられる?

 

employer
●●(辞めた人の名前)が作ったExcelの修正が必要なんだけど、やってくれない?
me
良いですよー。どうすれば良いんですか?
boss
ここをこうして、ここをこうして、そんで結果的にこうしてほしい。
me
了解です!はじめて見るファイルだから、まずはじっくり分析しなくちゃ。

ふむふむVBAだな。どんなプログラムかな・・・?ガーン。パスワードがかかってる!

me
すみません。VBAにパスワードかかっているんですけど、わかりますか?
boss
「△△△」か「□□□」じゃない?違ったらわからない。
me
はい。。。全部違うんですけど(−_−;)

〔心の声:なんだよ〜●●、ちゃんと引き継ぎしといてくれよ〜〕

教えてGoogle先生!

ファイルを作った人が引き継ぎをしないで辞めちゃったもんだから、残った人たちが困るわけですね。全く困ったもんです。

 

Advertisement

VBAパスワードの解除方法は

ということで、Google先生に聞いたら、いくつかの解除方法を教えてくれました。

  1. パスワード解除ソフトを使う
  2. バイナリエディタを使う
  3. パスワードを解除するためのExcelファイル(VBA標準モジュール)を使う

主にはこの3つが出てきます。

 

で、どれを試してみようかと。

  1. パスワード解除ソフトを使う → あんまりやたらとインストールしたくないです。職場のパソコンですし、何かあったらまずいので。
  2. バイナリエディタを使う → これアリですねぇ。でもバイナリエディタをインストールしないといけないです。
  3. パスワードを解除するためのExcelファイル(VBA標準モジュール)を使う → これが一番やりやすそうです。

 

ということで、今回は「パスワードを解除するためのExcelファイル(VBA標準モジュール)を使う」でやってみることにしました。

実際の手順はこちら↓の記事をみながら、書いてある手順通りにやってみたら、あっさりと解除することができました!

Excel VBAマクロ パスワード解除方法 | ホームページ制作のサカエン(墨田区) 

手順をキャプチャ入りで詳しく書いてくれているので、一つひとつ進めていけば簡単にできました!ありがとうございます!

簡単に手順を書いておくと、

  1. パスワードロックされているエクセル(xlsm)を開く
  2. パスワード解除用に新規ファイル(xlsm)を作る
  3. 新規に作ったファイルに指定のソース(リンク先参照)を貼り付ける
  4. モジュールを実行する
  5. パスワードが解除される

といったところです。

上記の通り、VBAを使ってVBAのパスワードを解除するので、VBAを全く触ったことがない人だとちょっと難しいのかもしれません。

 

Advertisement

VBAパスワードの意味?

ということであまりにもあっさり解除できちゃったので、助かったのと同時に少し拍子抜けしてしまいました。中身を見てみたらそんなに難しいプログラムではなかったので、やるべき修正ができて、Excelファイルも使えるようになりました。ついでにBossからの評価も上がってくれると良いなw(゚∀゚)

でも、こんなに簡単にパスワードが解除できてしまうと、それはそれで不安になりますよねぇ。。。パスワードをかけておく意味があるのかって。

ただ、とりあえずは「編集不可・編集したら責任は取れないよ」ってことを伝えることはでますし、この方法が分からなければ解除できないわけなので、それはそれでアリですがね。

元はと言えば、ファイルを作った人が引き継ぎをしないで辞めちゃったからこんなことになったんですからね。お陰様で自分の経験値(知識)が上がったので、逆に●●には「ありがとう」といってやりますよ。

いやいや、やめるときは「飛ぶ鳥跡を濁さず」でいきましょう!

広告