おすすめのブルートゥースキーボード|入力しやすさで選ぶならlogicoolのK380

iPadで入力する時や、スマホでキー入力する時って、やっぱり物理キーボードが欲しくなりますよね。こうしてブログなんかを書く時はやっぱりキーボードが欲しいです。しかも1台のキーボードでiPadやスマホなど複数台の機器を自由にストレスフリーでキーボードを共有できたら良いですよね。

広告

ブルートゥースキーボードを選ぶ基準は?

ブルートゥースキーボードってたくさんありますよね。どれ買っていいかわからなくなります。実際に買おうと思って調べていくと、、、

  • 携帯性・折りたたむかどうか
  • 電池式か充電式か
  • 対応OSは何か
  • キーピッチはどうか
  • ベアリングで切り替えられるかどうか
  • テンキーは必要かどうか

etc…

たくさんのチェックポイントがあって困ってしまいます。なので自分がやりたいことに(用途を)絞って、選ぶ必要があります。

実際に、店頭でたくさんの機種を試打させてもらった上で、「自分がどういった使い方で欲しいか」ということをしばらくの間考えてきました。

そして結局、携帯性よりも「マルチデバイス対応」「入力のしやすさ」をメインに考えることにしました。あ、もちろん「手頃な価格」ということも大切な要素の一つです。

本当は電車の中でも入力したいので、携帯性も捨てがたいですが、そもそも電車であまり座りたくない(隣の人とくっつくのがどうしても嫌という、、、)私なので、電車の中での使用は一旦置いておきます。多分、買っても使わないなっていう気がしていて。

 

広告

 

おすすめブルートゥースキーボードはロジクール K380

 

 

おすすめの理由はこれ

  • 3台のデバイスに接続できて、ボタンひとつで簡単に切り替えができる
  • 単4電池2本で2年も使える
  • パンタグラフ構造で入力時の打鍵感がいい感じ
  • iOS、Andoroidに対応
  • 3色から選べる
  • 値段が手頃

実際に入力してみても違和感はなく、ノートパソコンのキーボードに入力している感覚で良好です。値段の割に安っぽさもなく、しっかりとしています。おそらく気になるであろうこの「丸型キー」ですが、最初は少し違和感はあるものの、なれると意外と良い感じです。

いわゆる一般的なキーボード(テンキー付き)と比べるとこれだけコンパクト。持ち運ぶ前提でももちろんですが、机の上を広く使いたい場合にもオススメできます。

 

 

ブルートゥースキーボードは目的で選ぶ!

今回は入力のしやすさ「マルチデバイス対応」「入力のしやすさ」を中心に考えました。あとはメーカーもロジクールなら安心ということもありました。トラックボースマウスも使っているのですが、ロジクール製品は値段の割にいい商品が多いと思います。

ロジクール好きな私はこんな記事も書いています。

 

ドロ蜂の綴り

 

ただし、普段カバンに入れて持ち運んで移動中を含めていろいろなシーンで使うことが前提だったら、折りたたみ式のブルートゥースキーボードの方が良いでしょう。折りたたみを選ぶ場合に注意して欲しいところは、「キーがないところ(真ん中)で2つに折れているキーボードを選んだ方が良い」ということ。特に3つ折りのタイプはちゃんと開いても入力感があまり良くないですし、やっぱり折り曲げているところは強度も下がりますので故障しやすいですしね。例えば、こういう2つ折りタイプがオススメです。

 

ということで、logicool K380はいろんなシーンでオススメできるブルートゥースキーボードです。

広告