BiS1st「アゲンストザペイン」はアヤエイトプリンスのための曲だった

BiS1stのアゲンストザペインが好きで何回もリピートしています。100回以上は聞いているんです。どうしても言いたい事があったからこの際だから思い切って超主観で感想を綴ってみます。

タイトルにもありますが、この曲は聞くたびに、もう完全にアヤエイトプリンスのための曲だな〜って、つくづく感じています。

広告

アゲンストザペインのサビまわしから想う

さてさて、ではサビの順番を考えながらこの曲の感想を綴ってみますね。で、BiS1stのメンバーたちの実力発揮をパーセントで表してみます。超主観です。
例えば、、、
100%・・・本人の魅力がバッチリはまっている
90%・・・十分に活かしきれていない
110%・・・限界を超えないと厳しい

という形で表しています。怒らないでくださいm(_ _)m

doro
そんな泣くなよ、ゴ

1番前半:アヤエイトプリンス

実力発揮度:95%

この曲のキーとアヤエイトプリンスの声がバッチリハマるんですよね!

「感情よ、くたばれ」の次に来るなみだが」の高い”E”の声がとても良くって、アヤエイトプリンスが頑張ってちょうどいい感じに出せる音の高さなんでしょう。

綺麗な顔立ちはもちろんですが、声もパワフルだし綺麗だし、素敵ですね。

1番後半:パン・ルナリーフィ

実力発揮度:105%

あくまで想像ですけど、100%を発揮してさらにコンディションがちょっとだけ良い時じゃないと、しっかり歌いきれない印象。そもそもパンさんが好きかどうかって話にもなるんですが、舌ったらずな滑舌と耳障りなブレスがちょっと気になります。

最後の歌い回しが「アゲンス ザ ペーーーーー」って聞こえてしまうのが、良いところでもあり、残念なところでもあり。。。

2番前半:トリアエズ・ハナ

実力発揮度:85%

ハナ氏が歌はうまいんですよね。そして声が以外とロックっぽいというか、顔に似合わずハードめな声を持っています。入りの「かーん、じょー、よー」なんてとってもかっこいいじゃないですか。

じゃあなんで85%かというと、多分本領を発揮できていないなと。きっとポテンシャルはもっともっと高いだろうから、もっとかっこいい曲が歌えるはず。

というか、なんでサビの後半担当じゃなかったのかなって。だから多分、ハナ氏的にはまだ85%くらいじゃないですかね。

2番後半:アヤ・エイトプリンス

実力発揮度:100%

やっぱりアヤ八王子の声はこの曲にハマりますね!

最後は「アゲンス ザ ペイーーーーーーン」と”イ”で伸ばすです。パン氏のように「ぺーん」と伸ばすのが一般的かもしれません。しかし「ペイーーーーン」っていう歌い回しにも個性が現れています。アヤエイトプリンスの魅力全開100%です。

 

広告

 

3番前半:ゴ・ジーラ

実力発揮度:120%
やっときました!推しメン、ゴ・ジーラ!!ブレイク明けでしっかりボリュームとってもらって、迫力アップでお送りしてくれています!
ただ、残念ながらゴはそこまで歌が上手に歌えないので、ライブだとこの曲がいまいち歌いきれないという状態に。。。レコーディングでは、多分120%で歌っているんでしょう。
でもダンスはBiS1stの中で誰よりもキレッキレ!

3番後半:アヤ・エイトプリンス

実力発揮度:100%
最後の締めもアヤエイトプリンス。良い感じに歌い上げてくれています。多分ね、アヤ氏の100%がちょうど良い感じに発揮できているんじゃないかなって。
そして最後の締めは「ぺィーーーーン」ですね!!

アゲンストザペインのキーはE

ちなみに、アゲンストザペインのキーは”E”ですね。メロディもEのメジャースケール(完全にギタリスト目線で言ってます)の音を使っています。とても伝わりやすいメロディラインになっていますし、アゲンストザペインは歌っていてとっても気持ちのいい曲になっていますね。
サビのコード進行を追ってみると、基本はEのダイアトニックコードですね。若干派生していますけど。
おまけ:Eのダイアトニックコード
EM7 → F#m7 → G#m7 → AM7 → B7 → C#m7 → D#m7b5th
最後はライブ映像を載せておきます。ボーカルは被せていますが、ゴ・ジーラの一生懸命歌っている姿に思わず涙が。。。
doro
今回はBiS2ndのコトには触れません。。。

気が済みました

勝手なコトばっかり言ってすみませんでした。なんていうか、こないだ、映画「世界で一番悲しいオーディション」を見てから、WACKのメンバーはみんな応援したくなっている、今日この頃でした。

doro
でも、推しはゴです
↓タワーレコードで「アゲンストザペイン」をチェックする↓
amazon musicだと、「アゲンストザペイン」はunlimitedで、BiS1stもBiS2ndも聞けますね。
広告