仮想通貨のCMまとめ

相変わらず、激しい上下動を見せている仮想通貨界隈。コインチェック騒動以来、随分と「仮想通貨」という名前が一人歩きしている印象です。そして、ZaifもDMMもCMをやり始めましたね。あんまり良いと思えるCMがないのは残念ですが、まとめてみました。

広告

ZaifのCM

最近始まったZaifのCMでは、剛力彩芽さんがなんか踊ってるんですけど、あれ何なんですかね。剛力彩芽さんが美人なのはわかりました(笑)

何で、「ビットコインするならZaif」なんでしょうか。Zaifのいいところってそこじゃない気がするんですけ。「仮想通貨、何を買ったらいいかわからない人は手軽にZaifで積み立ててみませんか。1000円から」とかどうすかね。あ、でもこれじゃ需要がないのか。

 

ビットフライヤーのCM

ビットフライヤーのCMも何だかなーって思ってしまいます。最初のうちはビットコインの説明を少しするような映像だったと思うんで、意味はわかるんですが、最近は踊るだけですね。

知名度は確かに上がります。一番にCMを始めたのって、ビットフライヤーでしたっけ?

 

2018.7.4追記

金融庁の行政処分を受けて、動画が削除されてしまいました。

 

DMMのCM

DMMもやってますね。こちらはローラ。

まあ、どこもおんなじような感じで大して面白くも何ともないです。すみません。。。「こんなんでいいのかなー…」って思うのは自分だけなんでしょうか。。。

コインチェックのCM

これは笑えました。インパクトもありました。残念ながら、もう当分見ることはないでしょうけど。CMが始まったとき、「出川バブル」なんて言う言葉ができるくらいですから、きっとコインチェックの申し込みも殺到したことでしょう。

 

分散してリスク回避

コインチェック事件以来、仮想通貨のセキュリティに対する意識が高まりましたね。ではどうやってリスクを減らすかの方法の一つとして、いくつかの取引所に分散して購入するっていう手があると思います。上記に挙げた「Zaif」「ビットフライヤー」「DMM」などもそうですが、今だったら次の取引所もオススメですね。

BitTrade

自分で値段を指定して売ったり買ったりができるのが取引所。こじるりがイメージキャラクターをしているBitTradeなら、通貨はコールドウォレットで管理されていてセキュリティ対策も万全。あそこのように盗られるってことはありませんね。しかも口座開設は、申し込みが混み合っているはずの今でも、かなり迅速に対応してくれるのでほとんど待たずに口座開設が可能です。

アプリがないのは残念ですけど、スマホからも操作しやすいようにインターフェースが作られているので、特に使いにくさなどの不便は感じません。

BitTradeのホームページ

 

販売所ならGMOコイン

まずはとりあえず仮想通貨を買ってみたいという場合には、販売所の方がわかりやすいかもしれません。大手で安心感があるGMOもオススメできる販売所です。もちろんセキュリティ対策も万全です。今ならキャンペーン中で20,000satoshiもらえるみたいですよ。

ん?satoshiって?って方は下の説明をご覧下さいな。

Satoshiとは、ビットコインの最小の通貨単位のことです。0.00000001BTC=1Satoshiとなります。ビットコインの技術論文の著者である中本哲史氏の名が由来です。使用例:1BTC=30,000円 の場合、1Satoshi= 0.0003円です。

なおビットコインのプロトコル上では数量はSatoshi単位で取り扱われます。主要なAPIもSatoshiで表示することが多いので桁を間違えないように気をつける必要があります。

1Satoshi以下の単位も将来の改変によって扱えるようになる可能性があります。

なお546Satoshi以下の支払いはdustと呼ばれ通常は承認されません。

ビットフライヤーホームページより

まあ、おまけですけどとりあえずビットコインがタダでもらえるわけなので、この機会に口座だけ作っておいてもいいんじゃないでしょうか

 

2018.03.09追記

なんと、ZaifとGMOコインを含む7社に金融庁が業務改善命令ですって…(゚o゚;;

Zaifから剛力彩芽さんがいなくなりましたね( ;  ; )

信用回復に向けて、ぜひ頑張ってほしいです。。。

広告